シャーリーズ・セロン、国連平和大使に任命。女性への暴力撲滅を目指す

最新ニュース

国連平和大使に任命されたシャーリーズ・セロン -(C) Reuters/AFLO
  • 国連平和大使に任命されたシャーリーズ・セロン -(C) Reuters/AFLO
シャーリーズ・セロンが14日、国連平和大使に指名された。実父の家庭内暴力に母と共に苦しんだ過去のあるシャーリーズは、女性に対する暴力撲滅に重点を置いた活動をするという。

国連平和大使は映画や音楽、文学、スポーツなど各分野で活躍する著名人が国連の活動についてPRする役割を担っていて、ジョージ・クルーニー、マイケル・ダグラス、指揮者のダニエル・バレンボイムやバイオリニストの五嶋みどりらが名を列ね、シャーリーズはその10人目となる。

昨年アメリカ市民権を獲得したシャーリーズは出身国・南アフリカの地方に移動病院を設置したり、同国の貧困家庭とその子供たちを対象にエイズ教育を行う「Charlize Theron Africa Outreach Project」など、慈善活動にも熱心。潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は、指名に当たり「より良い世界を作るため、あなたは自身の影響力や熱意、人々との特別な関係を活用してきました」とシャーリーズの起用について語った。



17日、N.Y.の国連本部で行われた会議に出席したシャーリーズ。

© Reuters/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top