お友だち第1号のぐっさんが、アルミ缶“ウォーリー”作成中の小学生をサプライズ訪問

最新ニュース

アルミ缶で“ウォーリー”を作っている小学校をサプライズ訪問したぐっさん
  • アルミ缶で“ウォーリー”を作っている小学校をサプライズ訪問したぐっさん
アカデミー賞長編アニメ賞を受賞した『ファインディング・ニモ』のアンドリュー・スタントン監督の最新作『WALL・E/ウォーリー』。29世紀の地球を舞台に、たった一人で700年も働き続けてきた“ゴミ処理ロボット”のウォーリーが、“孤独”を知り、また孤独ではない幸せを知る物語だ。全米では6月27日に公開され大ヒットを記録した本作が、12月11日(木)〜13日(土)に東京ビッグサイトにて開催される日本最大の環境展「エコプロダクツ2008」とタイアップ。「『ウォーリー』公開記念“アルミ缶でウォーリーをつくろう!”」キャンペーンを実施する。これに先駆けて11月17日(月)に、このキャンペーンに参加する東京都江東区立第七砂町小学校へ、“ウォーリーのお友だち第1号”に任命されている“ぐっさん”こと山口智充がサプライズ訪問した。

普段からエコ活動に積極的に参加している第七砂町小学校の4年生。アルミ缶約400個を使って、それぞれのウォーリーを制作しているところへ登場したぐっさんは、割れんばかりの歓声に迎えられた。アルミ缶ウォーリーの制作状況を見学したり、報告を受けるなど、小学生たちとのふれあいを楽しんだぐっさん。本邦初公開となる“ウォーリーものまね”を披露した。その後、“ウォーリーのお友だち”になってくれた証の「ウォーリーお友だちリストバンド」をクラスの代表にプレゼントし、生徒全員と集合記念撮影を行った。さらに、興奮冷めやらぬ生徒たちのために、急遽、握手会が実施されるなど、子供たちにとっては思い出に残るサプライズとなったようだ。

映画『ウォーリー』公開記念“アルミ缶でウォーリーをつくろう!”
http://www.alumi-can.or.jp/html/eco_pro.html

アルミ缶リサイクル協会が、飲料の使用済み空き缶におけるリサイクル意識を向上させることを目的として、映画『ウォーリー』とのタイアップで日本最大の環境展「エコプロダクツ2008」に出展する出展企画。全国の小学生5人以下のチームが作成したアルミ缶ウォーリーのコンテスト、千葉工業大学生、女子美術大学生、東京造形大学生3大学のプロジェクトチームにおけるそれぞれのコンセプトで創作した“アルミ缶ウォーリー”の作品展示などを実施する予定。

エコプロダクツ2008
http://www.eco-pro.com/
開催:12月11日(木)〜13日(土)
時間:10時〜18時(13日は17時まで)
会場:東京ビックサイト(入場無料)
主催:(社)産業環境管理組合、日本経済新聞社
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top