アンジェリーナ・ジョリー、亡き母を思って記者会見で思わず涙が

最新ニュース

『チェンジリング』のプレミアでロンドンを訪れたブランジェリーナ -(C) Reuters/AFLO
  • 『チェンジリング』のプレミアでロンドンを訪れたブランジェリーナ -(C) Reuters/AFLO
アンジェリーナ・ジョリーが最新主演作『チェンジリング』(原題)のプロモーションのためにパートナーのブラッド・ピットや6人の子供たちと渡英。17日に行われた記者会見で、昨年1月に亡くなった母・マルシュリーヌさんの思い出を語り、涙ぐむ場面があった。

『チェンジリング』の撮影が行われたのはマルシュリーヌさんが亡くなった直後。最愛の息子を誘拐され、5年後に戻ってきた「息子」は別人だった、という体験をするヒロインを演じたアンジーは、この役を演じるにあたって、母のことを思い出したという。

「母は本当に優しくて、怒ったことがないの。でも自分の子供たちのこととなったら話は別。恐ろしいくらい強くなれる。だから、『チェンジリング』は彼女の物語と言っても良いと思う」。こう語りながら、アンジーの大きな瞳はうるみ、涙であふれていた。

ブラピも同席したこの会見での2人の装いはラフなスタイル。フォトコールの際も、やや心ここにあらずの様子だったが、どうやら滞在先のホテルでナニーと一緒に両親の帰りを待つ6人の子供たちが気がかりだったようだ。



© Reuters/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top