堤真一&堺雅人、快挙! 『クライマーズ・ハイ』コンビが報知映画賞ダブル受賞

最新ニュース

『クライマーズ・ハイ』 -(C) 「クライマーズ・ハイ」フィルム・パートナーズ
  • 『クライマーズ・ハイ』 -(C) 「クライマーズ・ハイ」フィルム・パートナーズ
「半落ち」、「出口のない海」などの著作が映画化されてきたベストセラー作家・横山秀夫が、1985年に起きた日航機墜落事故について自身の新聞記者時代の実体験に基づいて描いた「クライマーズ・ハイ」。本作が豪華キャストを迎えて映画化され、今夏劇場で大ヒットを記録した『クライマーズ・ハイ』が、早くもDVD&ブルーレイディスクとなって登場する。このたび、本作に出演した堤真一と堺雅人が、数々の競合俳優を押さえ、見事「第33回報知映画賞」にて主演男優賞、助演男優賞のダブル受賞を果たした。

毎年この時期に、国内映画賞レースの先陣を切って発表されるため、その年の国内映画賞の受賞者・受賞作品の傾向を占う意味でも注目を集める報知映画賞。主演男優賞では、『おくりびと』の本木雅弘との接戦となったが、本作で新聞記者役でリアルな演技を見せた堤さんが、現在公開中の『容疑者Xの献身』における演技と併せて高い評価を集め、見事制する形となった。

また、本作以外に『アフタースクール』『ジャージの二人』と出演作が立て続けに公開された堺さんが、その圧倒的な存在感で助演男優賞を獲得した。

作品賞には本年度モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞した『おくりびと』が輝き、監督賞は『ぐるりのこと。』の橋口亮輔監督に。主演女優賞に輝いたのは『グーグーだって猫である』『トウキョウソナタ』で多くの女性の共感を呼んだ小泉今日子。助演女優賞を『歩いても 歩いても』の樹木希林が同部門最年長で受賞した。また、『三本木農業高校、馬術部』で女優デビューした長渕文音が新人賞を受賞した。また、作品賞海外部門は、その才能を惜しまれたヒース・レジャーがジョーカーを怪演した『ダークナイト』に贈られた。

『クライマーズ・ハイ』DVD&ブルーレイディスクは、2009年の元旦、1月1日(木)にリリース。

『クライマーズ・ハイ』DVD
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
価格:4,980円(税込)
発売日:2009年1月1日(木)

『クライマーズ・ハイ』ブルーレイディスク
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
価格:4,980円(税込)
発売日:2009年1月1日(木)

※レンタルDVD&ブルーレイディスク同日スタート
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top