加藤和樹が初日舞台挨拶で、いきなり「くだらない映画です(笑)」と宣言!

最新ニュース

『猫ラーメン大将』初日舞台挨拶。(左から)加藤和樹、長澤奈央、紗綾、河崎実監督。
  • 『猫ラーメン大将』初日舞台挨拶。(左から)加藤和樹、長澤奈央、紗綾、河崎実監督。
『ヅラ刑事』、『日本以外全部沈没』など異色の作品を次々と世に送り出してきた河崎実監督が、そにしけんじの人気4コマ漫画を映画化! 猫の“大将”とその父親である“将軍”が、ラーメンを巡って仁義なき戦いを繰り広げる『猫ラーメン大将』が11月29日(土)に公開初日を迎えた。初回上映後の舞台挨拶に河崎監督に加え、本作に出演している加藤和樹、長澤奈央、紗綾が登壇した。

加藤さんらは撮影に使われた、猫たちの特製パペットを抱えて登場。『ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発』に続く河崎作品への参加となった加藤さんは「いい意味で、くだらない映画になったと思います(笑)」と語ったが、これには映画を見終わったばかりの観客も納得の表情。印象的なシーンを尋ねると「黒沢年雄さん演じるラーメン屋の店主と大将のシーンは、会話こそないけれど、2人の師弟関係が見えてきて好きです」と答えてくれた。河崎監督は「黒沢さんは歌を一曲歌うだけで、後はセリフはないんですが、それでも出演をOKしてくれたときは『やったー!』って感じでした」と満足そうに語った。

長澤さんは「私が演じたまりこは、すごいKYなんで映画を観ながらイラッとされた方もいると思いますが(笑)、この場は温かい目で見てください」と挨拶し、会場の笑いを誘った。長澤さんにも印象に残っているシーンを聞いてみると、将軍の店にラーメンを食べに行く場面を挙げ「気持ちがすごく盛り上がって、コンサートに来たファンのような気分で楽しかったです。映画の後はぜひラーメンを食べて帰ってください!」と笑顔で語った。

紗綾さんは「実は、これまで猫はあんまり好きじゃなかったんです」と告白。「でも、この映画を通じてかわいいな、と思うようになりましたし、映画を観たらラーメンが食べたくなりました」とかわいらしい口調で語り、監督は「中学3年なのに小学生みたいなコメントですね(笑)」と突っ込みつつも頬を緩ませていた。

「次は『ハワイの猫ラーメン大将』を撮りたい! 『若大将』シリーズ、『裸の大将』シリーズに続く、『大将』シリーズとして続けていくつもりです」と続編に意欲を燃やす河崎監督。果たしてシリーズ化なるか? 『猫ラーメン大将』はシネセゾン渋谷にてモーニングショー、レイトショーで公開中。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top