森三中・村上「子供は“ひとり”ではなく2人欲しい」 ウォーリーのお友だちに認定!

最新ニュース

ウォーリー“お友だち4号”に認められた村上知子
  • ウォーリー“お友だち4号”に認められた村上知子
人間のいなくなった地球で“ひとりぼっち”で生きるロボットのウォーリーが届ける愛と感動のドラマ『WALL・E/ウォーリー』。山口智充、宮迫博之、タカアンドトシらがウォーリーの“お友だち”として認定されるなど、12月5日(金)の公開に向けて盛り上がりを見せるているが、このたびお友だち第4号に森山中の村上知子が立候補! 11月30日(日)に行われた本作の試写会にウォーリーに会いに駆けつけた。

ひとりぼっちのウォーリーに因んで、森三中メンバーを伴わずに一人で登場した村上さんは、挨拶早々に「私生活は、ひとりぼっちではなく“2人”でかなりラブラブですけど」とおのろけを披露。“お友だち”同盟を申し込んだウォーリーにも「ダイスキ」との承認をもらい、喜びは絶頂に。ノリノリな調子で「ぜひ声優もやってみたい。森三中としてベタに『三匹の子豚』とかでも良いけど、私は個人でお姫様をやってみたい」と意欲を見せた。

その後も旦那さんとのラブラブ自慢が止まらない村上さんだが、森三中の中で唯一未婚で“ひとりぼっち”の黒沢かずこに対しては、「ウォーリーのように純粋な心を持っていたら、いまごろひとりぼっちじゃないはず。純粋じゃないからダメ! この作品を観てほしい」と手厳しいコメント。さらに、「2008年は結婚しましたが、2009年は家族を増やしていきたい。自分が一人っ子なので、2人は欲しい」と子作り宣言まで飛び出した。そして最後に「ウォーリーは、ロボットなのにとてもチャーミングで仕事熱心。本当に人間みたいで、(ヒロインの)イヴとの関係で涙しました。ぜひこの冬、『WALL・E/ウォーリー』を観て“キュン”としてほしい」と元気よくアピールした。

『WALL・E/ウォーリー』は12月5日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top