ブラピ最新作のワールド・プレミアがL.A.で開催 ブラピの両親とアンジーも出席

最新ニュース

ブランジェリーナ、両親と仲良くポーズ -(C) Splash/AFLO
  • ブランジェリーナ、両親と仲良くポーズ -(C) Splash/AFLO
ブラッド・ピットの最新主演作『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のワールド・プレミアが8日、ウエストウッドのマンズ・ヴィレッジ・シアターで行われ、パートナーのアンジェリーナ・ジョリーを伴ったブラピ、共演のケイト・ブランシェットや監督のデヴィッド・フィンチャーらが出席した。

老人の姿で生まれ、年を重ねるごとに若返っていく男・ベンジャミンを演じたブラピはトム・フォードのタキシードを着用、アンジーはヴェルサーチの黒のストラップレスのロングドレスにアップでまとめたヘアスタイル。レッドカーペットではブラピのみならず彼女も大人気で、ファンのリクエストに応じて気さくにサインしていた。

この日はブラピの両親も駆けつけ、ジェニファー・ロペスやシャロン・ストーン、ゲイリー・オールドマンといったゲストたちのほかに、共演者のティルダ・スウィントン、タラジ・ヘンソン、ジェイソン・フレミングらも出席した。ちなみに本作にはブランジェリーナの第一子シャイロが出演しているが、彼女はお家でお留守番だったようだ。



両親共々仲良く登場したブラピ&アンジー。ブラピの口からは「来年1月に作品を日本に持っていくよ!」との来日宣言も。これが実現すれば、2005年11月の『Mr.&Mrs.スミス』以来、3年2か月ぶりの来日となる。

© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top