イーストウッド俳優引退にアンジーがNO! オスカー有力『グラン・トリノ』プレミア

最新ニュース

『グラン・トリノ』プレミアに登場したイーストウッド夫婦
  • 『グラン・トリノ』プレミアに登場したイーストウッド夫婦
尊厳死というテーマを真正面から描き、2004年度のアカデミー賞主要4部門を独占した傑作『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた『グラン・トリノ』。本作のワールド・プレミアが12月9日(現地時間)、ロサンゼルスのSteven J.Ross Theaterで開催され、イーストウッドをはじめとする本作のキャストほか、同監督作『チェンジリング』に主演したアンジェリーナ・ジョリーなど多くの著名人がレッドカーペット・セレモニーに駆けつけた。

本作は、イーストウッド扮する軍人上がりの主人公が、偶然隣人となったアジア系移民との関わりを経て、自身の偏見に直面し葛藤する姿を描いた衝撃作。かねてから俳優引退が囁かれるイーストウッドだが、先日発表されたオスカーレースの前哨戦であるナショナル・ボード・オブ・レビュー(米国映画批評会議賞)では、公開前にもかかわらず本作で主演男優賞を獲得した。作品としても同賞トップ10入りを果たし、今月11日に候補作が発表されるゴールデン・グローブ賞や本命のアカデミー賞での受賞が有力視されている。

デビュー以来、半世紀にもわたって俳優、監督としてハリウッドの一線で活躍してきたイーストウッドは、今年で78歳。自身と同じ世代の人物を主人公にした本作について、「年寄りが新しいことを学ぼうとしている。そのためには、彼を一度、全く対極の場所へ連れて行かないといけないんだよ」と語った。また、俳優引退説について触れられると「分からないよ。でも多分ね」と微妙に含みを持たせた。だが、アンジェリーナは「彼に関して、私はどんなことでもこれが最後とは絶対に言わないの。いつも彼がもっとやるという方に賭けているわ」と引退説を一蹴。そして「彼は、これまで会った中で最も尊敬すべき人。彼をスクリーンで見たり一緒に話をすると、人生について深く学ぶことができるの」と改めてイーストウッドという人物の偉大さを口にした。

『グラン・トリノ』は全米では12日より先行公開されたのち、2009年1月9日より拡大公開。日本では2009年G.W.、丸の内ピカデリーほか全国にて公開される。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top