『魔法遣いに大切なこと』ツンデレ岡田将生、リハウスガールを“エサ”で手なずけた?

最新ニュース

『魔法遣いに大切なこと』初日舞台挨拶にて(左から)木野花、岡田将生、山下リオ、緑友利恵、中原俊監督
  • 『魔法遣いに大切なこと』初日舞台挨拶にて(左から)木野花、岡田将生、山下リオ、緑友利恵、中原俊監督
  • 『魔法遣いに大切なこと』 山下リオ
  • 『魔法遣いに大切なこと』 岡田将生
国家公務員として“公認魔法士”という職業が日常に存在する新しい世界を舞台に、魔法遣いの宿命を背負った少女の恋と成長を描いた青春ファンタジー『魔法遣いに大切なこと』。脚本コンクールの城戸賞に応募された脚本を基に、これまで漫画化やTVアニメ化されてきた本作がついに映画化され、12月20日(土)に公開を迎えた。上映前の初日舞台挨拶に中原俊監督と主演の山下リオ、岡田将生、木野花、緑友利恵が登壇した。

数々の人気女優を輩出してきた“三井のリハウス”でおなじみのリハウスガールの12代目として昨年デビューし、今年は本作のほかにTBSの昼ドラマ「ラブレター」への主演など飛躍の一年となった山下さん。はつらつとした笑顔で「初めての映画で緊張してなかなか出来ない部分もありましたが、こうして初日を迎え、今日からたくさんの方に観ていただけると思うとドキドキします」と挨拶。満員の観客に向けて「私もこの映画を観て、恋したいなと思ったので、みなさんにもそんな気持ちになっていただけたら嬉しいです。クリスマスも近いので、そばにいる家族や友人、恋人たちと一緒に観てください」と元気よく作品をアピールした。

山下さんと同様に、本作が映画初出演となった緑さんは大阪出身ということで、本来は標準語の設定の役を関西弁に変更したそう。壇上でも標準語からスイッチを切り替え「今日はほんまめっちゃ来ていただき、めっちゃ嬉しいです」と本場の関西弁で喜びを露わにした。

原作の持つファンタジックな世界観を生かしながら、瑞々しい青春ドラマに仕上げた中原監督は、「あくまで魔法遣いを普通の人と捉えながら、普通の人とは違うマイノリティな部分も人間にとって大事であるということを伝えようとしました」と作品に込めたメッセージを伝えた。

岡田さんは山下さん扮するソラと一緒に魔法士を目指し、彼女と恋に落ちる豪太を演じたが、その役柄にはかなり自身の素の部分も出ているそう。「僕もかなりツンデレですね。ツンツンデレデレです(笑)」と自らを語ったが、これに対し木野さんは、まるで息子を見守るような眼差しで「(岡田さんは)少女マンガのような顔をしてますが、結構骨太で男っぽいんです。そこが映画にも出ていると思います」と評した。撮影現場では、自身の出番がなくても、ほぼ毎日現場に顔を出していたという岡田さん。そんなひたむきな一面に加え、先日の舞台挨拶では山下さんをリードしていたことも明かされたが、「役のためにも山下さんとコミュニケーションを取りたくて、毎日現場にエサ…じゃなくて、お菓子を持っていきました」と思わぬ失言! “しまった!”という表情を見せ、会場は笑いに包まれた。

『魔法遣いに大切なこと』はシネマートシネマート新宿、シネマート六本木ほか全国にて順次公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top