本郷奏多、『GOTH』以上に(?)ガンダムの魅力を力説! 打倒『K-20』は…

最新ニュース

『GOTH』初日舞台挨拶。(左から)高橋玄監督、高梨臨、本郷奏多。
  • 『GOTH』初日舞台挨拶。(左から)高橋玄監督、高梨臨、本郷奏多。
  • カリスマ・神山樹役の本郷奏多。
  • 神山と同じく人間の暗黒面に惹かれる高校生・森野役の高梨臨。
  • 劇中では見られない(?)清々しい笑顔の2人。
  • 互いを「もっとクールな人だと思ってた…」とのことだが…。
  • 期待の新鋭にして匂いフェチとガンダムオタク…。
  • 打倒『K-20』には苦笑い?
  • 『K-20』舞台挨拶と掛け持ちですが、スーツは着替えてます!
累計発行部数100万部を超える乙一の本格ミステリー小説を映画化した『GOTH』。人間の持つ残酷な面に異常なまでに興味を持つ2人の高校生が、身近で起きたある猟奇殺人事件に惹きつけられていくさまを描いた本作が12月20日(土)に公開を迎え、主演の本郷奏多と高梨臨、高橋玄監督による舞台挨拶が行われた。

本郷さんが、映画を鑑賞したばかりの観客に向けて「映画はいかがでしたか?」と呼びかけると、大きな拍手がわき起こった。「昨年、暑い中を一生懸命撮った作品なので、みなさんに観てもらうことができて本当に嬉しいです」と本郷さんは笑顔を見せた。映画の内容に因んで本郷さんと高梨さんに「意外な趣味や趣向を持っていますか?」という質問が。本郷さんは「僕は、すごくガンダムが好きなんです。男の子なんで(笑)」と告白。ズバリその魅力を尋ねると「ガンダムというのは、モビルスーツによるドンパチではなく人間ドラマなんです」と冷静に、しかし力を込めて語ってくれた。

一方の高梨さんは「私は、実は匂いフェチなんです。特に塩素の匂いが好きで、高校の実験で塩素を使ったとき、ずっとその匂いをかいでいたくて、消しゴムに塩素を垂らして持って帰りました。家では(塩素入りの)お風呂の洗剤などの匂いをかいでいます」と一風変わった好みを明かしてくれた。

さらに2人に共演してみての互いの印象を尋ねると、本郷さんが「臨ちゃんは、結構オタクで(笑)、意外でした。空き時間に、一緒にマリオカートで遊んだりもしました」と語った。

これに対し、高梨さんは「マリオカートに関しては、本郷さんに全然勝てないので、それ以来つまんなくなってやってないんです」と本郷さんをジロリ。すると本郷さんは「敵に情けは無用ですから」と返し、会場は笑いに包まれた。さらに、高梨さんは本郷さんの印象を「すごくクールな人だと思っていたんですが、ゲームにすごく詳しくて、いろいろ語ってくれて意外でした」とふり返った。

高橋監督は作品について「リピーター型の映画を目指しています。何度も観て、いろんな発見をしていただければと思います。打倒『K-20』です(笑)!」と同日公開で、本郷さんが出演するライバル作品への勝利を目標に掲げた。本郷さんは、これから映画を観る人に向けて「映画そのものを、ひとつの絵画を見るような気持ちで楽しんでいただけたら嬉しいです」とメッセージを送り舞台挨拶は幕を閉じた。

『GOTH』は渋谷シアターTSUTAYAほかにて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top