ファッション小噺vol.97 ファッションもいいが、世界一景気のいい男も気になる

最新ニュース

『ワンダーラスト』 -(C) 2007 Semtex films
  • 『ワンダーラスト』 -(C) 2007 Semtex films
  • 『ワンダーラスト』 -(C) 2007 Semtex films
  • 『ワンダーラスト』 -(C) 2007 Semtex films
マドンナ姐さん、やってくれましたね。不仲説が囁かれて数年。別居を経て、先月21日に、ようやくガイ・リッチーとの離婚が成立したそうです。彼に対し、最大で約9,200万ドル(約84億円)の財産分与を行ったとされ、いまやメディアは大騒ぎ。結婚前契約を結んでいない場合、婚姻中に築いた財産は夫婦の共有財産とされるのが欧米での常識。稼ぎの多い側に有利になるように働くこの契約は、もはやセレブの常識ですから、これを結んでいなかったというのは確かに驚きの事実でした。

マドンナの総資産は約5億2,500万ドル(約475億円)とも囁かれていますから、“痛い”というより、“痒い”という程度ではと思うのですが…。いいじゃないか、また稼げば、マドンナ姐さんよ…。それにしても、ガイ・リッチーにしてみれば、この不況時代にかなり景気のいい話となりましたね。冒頭で“やってくれた”と評した理由は、また凄まじい“記録”を作ってくれたから。どうやら今回、女性が男性に行った財産分与では歴史上でもトップクラスらしく。彼女は、自分の才能だけでこの財産を築いたわけですから、凄まじい記録です。女性もここまでパワフルになったのですね。

ただ、本人としてはきっと、こちらの話題で“記録”を作りたかったことでしょう。マドンナ姐さんが、初めてメガホンを取った記念すべき処女作『ワンダーラスト』。世界から人々が集まるロンドンの片隅で、夢を追いかける若者たちの物語。いまでは、泣く子も黙る時代のアイコンとなりましたが、姐さんにもあった駆け出し時代。そんな自分を思い出して、主人公たちに想いを重ねて制作したようです。

さて、映画の出来映えはご自身の目で確かめていただくとして、映画を観ていない人でも楽しめる話題をひとつ。これまで、いくつもの世界的トレンドを生み出してき姐さんの映画だけに、日本でのコラボレーションも華やかです。

まずは、「X-girl meets WONDERLUST」スペシャルディスプレイ。ヒューマントラストシネマ渋谷では12月20日(土)より、『ワンダーラスト』をイメージしたX-girlのコーディネートを展示するのだそうで気になりますね。

もうひとつは、CA4LA× ワンダーラストのオリジナルキャップ発売の話題。一部公開劇場、CA4LA各店にて近日販売される予定とのことです。これまでに様々なブランドや映画とコラボを行ってきたCA4LAですから、こちらも楽しみですね。

映画は、2009年1月17日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開です。



X-girl
http://www.x-girl.jp

CA4LA
http://www.ca4la.com
《text:June Makiguchi》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top