真木よう子「母親役は…今はまだいいかな(笑)。何歳の子供の母親かによりますね」

最新ニュース

『ピューと吹く!ジャガー 〜いま、吹きにゆきます〜』 真木よう子 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ピューと吹く!ジャガー 〜いま、吹きにゆきます〜』 真木よう子 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ピューと吹く!ジャガー 〜いま、吹きにゆきます〜』 真木よう子 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ピューと吹く!ジャガー 〜いま、吹きにゆきます〜』 真木よう子 photo:Yoshio Kumagai
週刊少年ジャンプ(集英社刊)の巻末にて連載され、コミックの累計発行部数は700万部を誇る、うすた京介による脱力系ギャグ漫画「ピューと吹く! ジャガー」。FLASHアニメ界のトップランナー、FROGMANの手による本作アニメーションDVDの好評を受けて製作された劇場版『ピューと吹く!ジャガー 〜いま、吹きにゆきます〜』が2009年1月1日(祝・元旦)より公開される。今回、ひと際注目を集めているのが、女優・真木よう子が劇場版オリジナルキャラクター、アルト王女役で声優として参加していること。公開を間近に控え、真木さんが今回の声優挑戦について口を開いた。

「憧れのキャラクターと“絡める”のが最高に嬉しかった」

元々、うすた作品の大ファンを公言している真木さん。「(今年1月に公開された)実写版『ピューと吹く! ジャガー』にも出たかった」と語るほどだが、その魅力をこう語る。
「うすたさんの突っ走ったギャグ——『どうしちゃったんだろう?』と感じさせるオチや、『何でもいいや…』って感じで気持ち良くこちらを裏切ってくれる作風が大好きなんです。今回の劇場版は、FROGMANさんのオリジナル脚本ですが、“ジャガー”の世界観がしっかりと出ていて、原作ファンも納得させてくれます。原作における小さな役どころのキャラクターが、ところどころで出てくるのは、嬉しくてテンション上がりました」。

「自分の声で“ジャガー”とか“ピヨ彦”って呼べること、アニメとはいえ憧れのキャラクターと“絡める”ということが最高に嬉しかった」とアフレコをふり返るが、アルト王女を演じる上で、監督からは、こんなリクエストも。
「これ、言っちゃっていいんでしょうか(笑)? 一応、彼女のモデルとなったキャラクターがありまして…まあ、見た感じそのままなんですが…。FROGMANさんに“そんな感じで”って言われて『えっ?』とか思いながら、想像して演じてました(笑)。それから、ラストに近いシーンでアルト王女が、ひとりひとりに呼びかけるところは“『ローマの休日』のオードリー・ヘプバーンのイメージで”と言われましたね…」。

真木さんにとってアニメの声優を務めるのは、現在放送中の「ミチコとハッチン」(フジテレビ)のミチコ役に続いて二度目。これまで映画やTVでやってきた芝居との違いを感じながらも、声優という仕事に楽しみも見つけたようだ。
「これまで自分がやってきた芝居と違って、声だけでいろんな表情を出さないといけないので、そこは大変でした。でも、子供の頃からアニメは好きだったし、自分の声が入ってキャラクターが動き出すというのは嬉しかったですね」。

「もっといろんなことをしてみたい、と思えるようになった一年だった」

その口調は淡々としていながらも、真木さんの声はどこか人を惹きつける。今後、声優としてのオファーも増えそうだが、演じてみたい役柄などはあるのだろうか?
「そうですね、いまのところ『ミチコとハッチン』の乱暴な女の役と今回のお姫様役しかやってないので、普通にしゃべる普通の女の子の役を研究してみたいかな」。

声優初挑戦に加え、自らの名を冠したTVドラマ(「週刊真木よう子」)が放映されるなど、飛躍の一年となった2008年をふり返り、真木さんは「あっという間に過ぎた」と語った。
「いろんな経験をさせてもらって、すごく大きな一年でしたね。ドラマと声優に加えて、自分には無理だろうと思っていた化粧品のCMまでやらせていただいて…。これまでは芝居のことしか考えられなかったけど、今回の声優の仕事みたいに“自分が好きだから”という風に純粋な気持ちでやるのもアリなんだ、と考えられるようになりました。もっと、いろんなことをしてみたい、と思えるようになった一年でもありましたね」。

好きな漫画を尋ねると「いまは『うちの3姉妹』(主婦の友社刊)にハマってます」と少し恥ずかしそうに明かしてくれた真木さん。「今後、母親の役を演じてみたい気持ちは?」と聞くと「それはまだいいかな(笑)。何歳くらいの子供を持つ母親の役かによりますね」といたずらっぽい笑顔で返してくれた。少しの間、お休みに入るとはいえ、2009年も宮藤官九郎脚本作品『鈍獣』をはじめ話題作が目白押し。まずは新年早々、『ピューと吹く!ジャガー』で“声”から新たな真木よう子を堪能してみるのも悪くない。

《photo:Yoshio Kumagai》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top