ゴスロリ歌手・北出菜奈アフレコ初挑戦! 「殺されるシーンがやりやすかった(笑)」

最新ニュース

『ブラッディ・バレンタイン 3D』アフレコに臨む北出菜奈
  • 『ブラッディ・バレンタイン 3D』アフレコに臨む北出菜奈
炭鉱事故を引き起こし、同僚を死なせてしまった男が、事故以来10年ぶりに街に帰ってくる。すでに、事故のことは人々の記憶から忘れ去られようとしていたが、その年のバレンタインの夜、街に再び恐るべき惨劇が! ホラー作品として世界で初めてデジタル3Dで上映される『ブラッディ・バレンタイン 3D』が2月14日(土)のバレンタインデーに公開を迎える。本作の日本語吹き替え版でイメージソング「鏡の国のアリア」を歌い、声優にも挑戦するのは、ゴスロリファッションとその歌声で人気を集める北出菜奈。このほど、都内スタジオで行われた北出さんのアフレコ風景が公開された。

声優初挑戦とあって、少し緊張した表情を見せつつ、時折、監督に質問しながらアフレコに臨む北出さん。アフレコ終了後には報道陣の質問に答え、「普段、セリフをしゃべることがないので、どうしゃべればどのように聞こえるのかが分からなかったです。『ありがとう』というセリフがあるんですが、いろんなニュアンスを持っている言葉ですし、普段は無意識に使っているので、わざとらしくないように言うのが最初は難しかったです。でも、殺されるシーンの叫び声は、歌に近いところがあってやりやすかったです(笑)」とふり返った。また、映画については「普通のホラー映画は恐怖がジワジワと来ますが、この映画は立体的に飛び出します。“ガッ!!”って飛び出したときに、新しい恐さを体験できますよ」とアピールしてくれた。

日本語版イメージソング「鏡の国のアリア」は2月4日(水)、「月華-tsukihana-」のカップリング曲としてCD発売される。『ブラッディ・バレンタイン 3D』は2月14日(土)より池袋シネマサンシャイン、新宿バルト9、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top