『感染列島』初日を迎えて笑顔の妻夫木、檀れいをよそに、カンニング竹山を再び除菌!

最新ニュース

『感染列島』初日舞台挨拶。(左から)瀬々敬久監督、国仲涼子、藤竜也、妻夫木聡、檀れい、カンニング竹山、ダンテ・カーヴァー
  • 『感染列島』初日舞台挨拶。(左から)瀬々敬久監督、国仲涼子、藤竜也、妻夫木聡、檀れい、カンニング竹山、ダンテ・カーヴァー
  • 救命救急医・松岡剛役の妻夫木聡
  • WHOに勤務するオフィサーの小林栄子に扮した檀ふみ
有効なワクチンが見つからない新型のウイルス感染症が蔓延する社会で、感染の拡大を防ぐために奮闘する人々のドラマを描いた『感染列島』が1月17日(土)に公開を迎えた。初回上映後の舞台挨拶に主演の妻夫木聡を始め檀れい、藤竜也、国仲涼子、カンニング竹山、ダンテ・カーヴァー、そして瀬々敬久監督が登壇した。

主人公の救命医・松岡を演じた妻夫木さんは、「これまで檀さんとキャンペーンで全国を回ってきましたが、ついにこの日が来てしまいました。嬉しくもあり、子供が巣立っていくような少し寂しい気持ちでもあります」と心境を明かした。

鳥インフルエンザ問題の権威である大学教授の仁志に扮した藤さんは、短く一言「何が良かったって、いま、インフルエンザが流行していないことですね。もし爆発的に流行してたら、誰もこんな映画観に来ませんからね」とホッとしたような表情で語った。

看護婦・多佳子役の国仲さんは「私はDVDで完成した作品を観ましたが、本来ならみなさんと一緒に客席で観たかったです。瀬々監督のホンワカとした優しい雰囲気からは想像できないような、緊迫感を味わえる作品になっていると思います」としっかりと作品をアピール。

竹山さんは自身の役について「“無名の”ウイルス研究者・鈴木」と紹介されたことに「“無名の”ってつける必要あるんですか?」といきなりキレ気味だったが、観客に対しては「ちょっとしか出てないのに、こんなとこに来ちゃってすいません。僕も呼ばれたから来ただけで、悪気はありませんので…」と恐縮しきりの態度で笑いを誘った。

そして、TVCMでもおなじみのダンテはWHO(世界保健機関)の医師を演じたが「みなさん、今日、僕はすごく嬉しいことが2つあります。一つは映画が初日を迎えたこと。そしてもう一つ…今日は僕の誕生日です!」と語り、会場からは祝福の拍手が贈られた。司会者の「おいくつになられたんですか?」という質問には「25歳です…違うか!? 内緒です(笑)」と答え、再び会場は笑いに包まれた。

WHOのオフィサーである栄子を演じた檀さんは、妻夫木さん同様に全国キャンペーンをふり返りつつ「あちこちを回り舞台挨拶をしてきましたが、いまが一番緊張しています」と初日を迎えての格別の思いを語った。さらに「この役を演じて、一番好きなセリフが『たとえ明日、地球が滅びようとも、君は今日リンゴの木を植える」という言葉です。この言葉に後押しされ、この作品に取り組みました。どんな暗闇にも、いつかは明るい希望が来る。そう信じて前に進む力が素晴らしいものだと、映画を通じて感じました」と力強く語った。

登壇者の挨拶が終わると前回の完成披露に続いて、作品のヒットを祈願し、恒例となった「除菌式」が行われ、防護服に身を包んだスタッフが竹山さんだけに的を絞ってCO2を噴射! ほかのキャスト陣もすっかり慣れた様子で、防護服のスタッフが登場するとすかさず竹山さんから距離を取っていた…。除菌された感想を問うと、竹山さんは今度こそ本気でキレたようで「冷てぇよ! いらねえだろ、これ。そんなにウケてないし!」とまくし立てた。檀さんは少しホッとしたような(?)笑顔で「いつもおつかれさまです」と竹山さんをねぎらい、笑いに包まれたまま舞台挨拶は幕を閉じた。

『感染列島』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top