「ギャラクティカ」1番人気の“ブーマー”来日! ラルクのKenも思わずデレデレ

最新ニュース

『GALACTICA/ギャラクティカ」特別試写会。(左から)Ken、グレイス・パーク、樋口真嗣、出渕裕
  • 『GALACTICA/ギャラクティカ」特別試写会。(左から)Ken、グレイス・パーク、樋口真嗣、出渕裕
  • Kenから花束を受け取りニッコリ
  • 劇中のフライトスーツとは違った魅力で観客の歓声を浴びた
  • ギタリストもブーマーを前に形なし…
  • 緊張でしどろもどろになってました
  • 背も高く、スタイル抜群です!
高度な知能を有し、生みの親である人類に反旗を翻した機械生命体・サイロンと人間との存亡を賭けた戦いと人間模様を描き、多くの支持を集めるドラマ「GALACTICA/ギャラクティカ」。1月より日本テレビにて放送が開始したのに加え、DVD-BOXの発売もされ日本でも高い人気を誇る。劇中の登場人物の中で、日本のファンの間で最も人気が高いのがコールサイン“ブーマー”ことシャロン・バレリー。このたびブーマーに扮するグレイス・パークが初来日を果たし、熱狂的なファンを集めた本作の特別試写会の舞台挨拶に出席した。

グレイスは、鮮やかな青いドレスを身にまとって登場。「みなさんお望みなら、フライトスーツも裏に用意してありますよ(笑)」と冗談めかして語ると、客席からは大声援と拍手がわき起こった。舞台挨拶には、本作…いやブーマーの大ファンという映画監督の樋口真嗣と「機動戦士ガンダム」シリーズなどで知られるクリエイティブ・プロデューサーの出渕裕も登場したが、“生”ブーマーを前にして、かなり緊張している様子。樋口監督が、劇中でいくつもの顔を持つブーマーについて「グレイス自身は、どのブーマーが一番好きですか?」と質問すると、グレイスは「ヒロ(ターモ・ペニケット)と一緒にいるときのブーマーが好きですね。これ以上は…言えないわ」とネタバレを気にしつつ答えてくれた。

また、この役を演じる上での苦労を尋ねると「ブーマーという役には葛藤や混乱があり、無垢な心や純潔など失っていくものも多い。その上で最も大切にしている“愛”を忘れないようにと心がけていました。役が抱える怒りや苦しみをプライベートに持ち込まないように、ということにも気を遣いました」と明かした。

この日は、TV放映中の本作の日本語版のエンディングテーマ「Deeper」(デンジャー・クルー・レコーズより3月4日発売)を歌うKen(L'Arc〜en〜Ciel)もゲストとして来場し花束を贈った。もちろん、樋口監督や出渕さん同様、Kenさんもグレイスを前にデレデレ。さらに、グレイスは会場のリクエストに応えて、劇中のブーマーの決めゼリフ「So say we all!(そう、ここに願う!)」を披露し、客席からは再び大きな拍手が送られた。

すでに発売中の「GALACTICA/ギャラクティカ【承:season 2】DVD-BOX1」に加え、DVD-BOX2が1月23日(金)より発売。

「GALACTICA/ギャラクティカ 【承:season 2】DVD-BOX 2」
発売元:株式会社デイライト
販売元:アミューズソフトエンタテインメント株式会社
価格:15,750円(税込)
発売日:1月23日(金)

「GALACTICA/ギャラクティカ」公式サイト
http://www.galactica-saga.com/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top