【アカデミー賞秒読み】これは運命? ミリオネアへと続く“スラムドッグ”の愛の物語

最新ニュース

『スラムドッグ$ミリオネア』 -(C) 2008 Celador Films and Channel 4 Television Corporation
  • 『スラムドッグ$ミリオネア』 -(C) 2008 Celador Films and Channel 4 Television Corporation
  • 『スラムドッグ$ミリオネア』 -(C) 2008 Celador Films and Channel 4 Television Corporation
  • 『スラムドッグ・ミリオネア (原題)』 -(C)  2008 Celador Films and Channel 4 Television Corporation
タイトルにある“スラムドッグ”とは“スラム街の負け犬”のこと。インド・ムンバイのスラム街に生まれた主人公・ジャマールは、日本でもおなじみの番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、残すところラスト一問という驚愕のレベルまで見事勝ち抜いていく。学校にも通っていない18歳の青年がなぜ次々と正解を答えることが出来たのか…? 詐欺なのか、天才なのか、それとも——。

映画は一見、この謎を解くサスペンスを思わせるが、最初からそうでないことが明かされる。出題されるクイズの答え全てが、彼の人生に結びついていたのだったのだ。そしてストーリーはクイズの一問一問とともに、ジャマールの激しい人生をなぞりながら進んでいく。行き着くところは、なぜ答えを知っていたのか? という疑問ではなく、そもそも彼はなぜ「ミリオネア」に出演したのか? というところだ。

苛酷なスラム生活を生き抜く激しい描写とクイズの緊張感が重なり、めくるめく展開されていく見事なストーリーだが、根底にあるのは、実は“一途なラブストーリー”。様々な感情をかき立てられた果てに、最後に待ち受けるすがすがしいエンディングには、誰もが「観て良かった」と思うはず。監督は『トレインスポッティング』の個性派、ダニー・ボイル。今年の賞レースを大きく揺さぶった本作だけに、アカデミー賞の結果がどうなるにしろ、公開が待ち遠しい一本だ。

第81回アカデミー賞特集
http://www.cinemacafe.net/fes/academy2009/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top