黒木メイサ、脅しに耐え熱演! 桃井かおり「愚痴ったらシメてやったのに」と残念そう

最新ニュース

『昴-スバル-』完成報告記者会見。(左から)桃井かおり、黒木メイサ、ビル・コン(エグゼクティブ・プロデューサー)
  • 『昴-スバル-』完成報告記者会見。(左から)桃井かおり、黒木メイサ、ビル・コン(エグゼクティブ・プロデューサー)
  • 天才バレリーナ・宮本すばる役の黒木メイサ
  • 厳しくも温かくすばるを見守る日比野五十鈴役・桃井かおり
  • 曽田正人による2人の似顔絵とそれぞれが演じたキャラクターが描かれた色紙
  • 最強の師弟!
  • 桃井さんの脅しに耐えて(?)演じ抜いた
  • 現場ではスパルタ即席コーチ?
  • アジアの才能を結集させたエグゼクティブ・プロデューサー、ビル・コン
1999年より「ビッグコミックスピリッツ」(小学館刊)にて連載をスタート。これまで「め組の大吾」、「シャカリキ!」などのヒット作を持つ著者・曽田正人が自作の中で「最も愛すべき主人公」と語る天才バレリーナ・宮本すばるの壮大な物語「昴−スバル−」がついに完全実写映画化! 2月2日(月)、『昴−スバル−』の完成報告記者会見が行われ、主演の黒木メイサ、桃井かおり、エグゼクティブ・プロデューサーのビル・コンが出席した。

主人公のすばるを演じた黒木さんはバレエ初挑戦とあって「プレッシャーや不安は常にありました」と胸の内を明かした。一方ですばるを温かく見守る日比野五十鈴を演じた桃井さんは、実は英国に留学した経験もある筋金入りの元バレリーナ。黒木さん曰く「現場では桃井さんに『本当に踊れるの?』と半分脅しを受けていました(笑)」とふり返った。桃井さんはこれに「普通なら許しちゃうんですが、彼女の役は天才だからちゃんと出来なきゃヤバいわけですよ! それで立っているときの姿勢のこととかいろいろと言いました。でも、彼女の努力はすごいですよ。愚痴ったらシメてやるんだけど(笑)、絶対に愚痴らないんです」と黒木さんを絶賛。桃井さん自身は「私はバレエに関してはまじめにやっていたので、やめてからはなるべく触らないようにして生きてきました。でも、そろそろ本当に踊れなくなっちゃうと思って、また最近はアクションものをやったりして体力的に自信がついて『いまなら出来る!』というのがあったので引き受けました。でも実際は、そんなにバレエは必要じゃなくて、ただデブであればいいって役だったんですけど(笑)」とのこと。

プロデューサーのビル・コンは物語について「すばるは確かに天才です。でも、私が思うのはひとりひとりの人間の内に天賦の才能はあるということ。自分を信じ続け、貫き通すことが大切だと思います」と映画が持つメッセージを説明した。

上海で、6か国語が飛び交う中で行われた撮影について、桃井さんは「私は中国人も着ないようなベタなチャイナ服を着て、現地のスタッフだとみんなに思われてました(笑)。私の方はスタッフを勝手な名前で呼んで遊んだりしてたら、そのうち口利いてくれるようになりました。監督に『こっちの方が良くないですか?』と提案すると、同じシーンをもう一度やってくれるんです。そしたら向こうのスタッフが『私はあなたの提案する2回目の撮影の方がおもしろいです』って言ってくれたり」と桃井流のコミュニケーション術の一端を披露してくれた。

映画を通じて、若い世代に伝えたいことは? という質問に「信念を持ってやり続けることの大切さをこの映画で学びましたので、『やり抜いて!』と言いたい」と黒木さんが言えば、桃井さんはニヤリと笑って「私は反対の意見を。私自身、本当にまじめにバレエをやって叶わないこともあると学んだので、やり続けて、思い切り挫折してほしい」と含蓄のあるメッセージを残した。

会見の最後には、サプライズで原作者の曽田さんが描いた黒木さんと桃井さんの似顔絵とそれぞれが演じたキャラクターが並んだ色紙が贈られ、これには2人とも大感激の様子だった。

『昴−スバル−』は3月20日(金・祝)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top