「神経質? いやいや敬意を払ってたのさ」ラブシーン暴露にウィル・スミスもたじたじ

最新ニュース

『7つの贈り物』来日記者会見。(左から)ロザリオ・ドーソン、ウィル・スミス、ガブリエレ・ムッチーノ監督
  • 『7つの贈り物』来日記者会見。(左から)ロザリオ・ドーソン、ウィル・スミス、ガブリエレ・ムッチーノ監督
  • 1年で3度の来日に「そろそろ市民権もらえるかな?」
  • 今回が初来日となったロザリオ・ドーソン
  • ロザリオの手を引いて登場
  • ポスターと同じ角度で決める!
  • ボイパーまで披露!ご機嫌のウィル・スミス
  • ウィルに圧倒され気味?
  • 『幸せのちから』に続いてウィルとコラボレーションを果たした
『幸せのちから』で全米のみならず世界中を感動に包み、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたウィル・スミスが本作のガブリエレ・ムッチーノ監督と組んで贈る謎に満ちた最新作『7つの贈り物』。2月21日(土)の公開を前にムッチーノ監督にウィル、そして共演のロザリオ・ドーソンが来日し2月9日(月)に記者会見が行われた。

『アイ・アム・レジェンド』『ハンコック』に続き、およそ1年の間に3回というハイペースでの来日となったウィルだが、そのハイテンションは相変わらず。「この1年の間で3度も来日してるんだから、もうそろそろ日本の市民権をもらってもいいんじゃないかな?」と笑顔で挨拶した。ちなみに、共演者や監督にちょっかいをかけるところも相変わらず。ムッチーノ監督がマイクを握ると、ウィルはなぜか悲嘆を込めて「ガブリエレ! ガブリエレ!」と連呼し、「“ウィル・スミス”のようなスーパースター(笑)と一緒に仕事をするのはどういう気分だい?」と余裕の表情で自ら監督に質問。監督が「この3年この調子さ(苦笑)」とあきらめたような口調でぼやきつつ「素晴らしい俳優に声を掛けられ、ハリウッドに招聘されてこんな力強い作品に携われるなんて幸せだよ」と答えると、ウィルは監督と熱い抱擁を交わした。

今回演じた役柄について、ウィルは「登場人物の抱える痛みや喪失に自分とのつながりを感じたよ。自分とこの人物の違いはどこにあるのか? 彼のように心に傷を抱えた人間は堕ちていくのか? それとも楽観的に人生を全うできるのか? こうした部分を一生懸命考えたよ」と素晴らしい答えを語ってくれたが、ここでも通訳が日本語に訳している最中にボイスパーカッションを披露し「失礼! サウンドトラックさ(笑)」と、どうにもじっとしていられない様子。昨年末に来日を果たした息子のジェイデンの方が大人だったような…。

さらに、ウィルはムッチーノ監督を「男らしいドラマに感情を込めるのは彼の得意技だよ。力強い男性も当然持っているはずの両面性——弱さや丸みをキャラクターに持たせることができるんだ」と手放しで絶賛した。

ロザリオは『メン・イン・ブラック2』以来のウィルとの共演となったが、今回は濃厚なラブシーンを披露している。ロザリオにこのシーンの撮影について質問が飛ぶと、ウィルは「良いことだけ言えよ!」と何やら落ち着かない様子で釘を刺した。ニッコリと笑ったロザリオが明かしてくれたのは、こんな驚きのエピソード。「普段と違ってあのシーンは特別で、撮影前からナーバスになってたわ。ウィルからは『このシーン、もちろん本物じゃないけど、本当にするわけ?』と少し本気が入った質問が出たり(笑)。細部を詰めていく段階で、『もし露出し過ぎていたら何か(毛布などを)掛けてあげるべきなのかな?』とか『カットが掛かった瞬間に太ももに手が置いてあったらそのままにしてていいのかな?』とか細かいところを気にしてたわね。彼には怖いものなんて何もないのかと思っていたけど、このときばかりは戸惑ってたみたいよ」。これにはさすがのウィルも形なし。「ラブストーリーってぎこちないものなんだよ(苦笑)。みんなが見てて、監督なんてカメラにべったり顔をつけてのぞいてるんだから! 僕は祖母から女性への接し方を教え込まれたんだ。“神経質に”じゃなくて“敬意を込めて”接してたのさ!」ともごもごと言い訳し、会場は笑いに包まれた。

『7つの贈り物』は2月21日(土)より丸の内ピカデリー1ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top