ホアキン・フェニックス、心はもうラッパー。新作プロモーションに身が入らず

最新ニュース

『Two Lovers』(原題)ニューヨーク・プレミアに出席したグウィネス・パルトロー、ホアキン・フェニックス、ヴィネッサ・ショウ -(C) AFLO
  • 『Two Lovers』(原題)ニューヨーク・プレミアに出席したグウィネス・パルトロー、ホアキン・フェニックス、ヴィネッサ・ショウ -(C) AFLO
昨年10月に突如俳優を引退し、ミュージシャン転向を宣言したホアキン・フェニックス。その後、ラッパーとしての活動をスタートさせたが、現在は今週末からアメリカで限定都市公開になる最後の主演作『Two Lovers』(原題)のプロモーション中。

共に主演を務めるグウィネス・パルトローとニューヨーク・プレミアに出席したり、マスコミの取材も受けているが、あまり気乗りしないらしく、心ここにあらずの状態のときも。

11日深夜にTVの人気トーク番組「Late Show」に出演したときはそんな状態のピークだったようで、司会のデヴィッド・レターマンとの会話は全く弾まず、たびたび生まれる気まずい沈黙に観客が笑い出してしまうほど。肝心の映画の話題をふろうと、レターマンが「共演した女優さん、彼女の名前は何でしたっけ?」と話しかけてもホアキンは「……」。

この日、ホアキンがはっきり語ったのは、「(俳優業は)ずいぶん長い間、僕の人生の一部だったもので、いまはもう、そうじゃない」ということ。今度はラッパーとして出演したいと言う彼に、レターマンは冗談で「それは難しいと思うよ」と返していた。

そんなホアキンには現在、義弟で親友のケイシー・アフレックがずっと付き添い、カメラを回している。ラッパーとして活動し始めたホアキンの姿を追うドキュメンタリーを製作中とのこと。完成した暁には、新しい道を選んだホアキンの本心を知ることができるだろう。



『Two Lovers』(原題)ニューヨーク・プレミアに出席したグウィネス、ホアキンと共演のヴィネッサ・ショウ。

© AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top