純白スーツで浮きまくりのやっくん 共演グラドルにも敬遠されるばかり?

最新ニュース

『鎧 サムライゾンビ』初日舞台挨拶(左から)中島愛里、植田浩望、夏目ナナ、北村龍平
  • 『鎧 サムライゾンビ』初日舞台挨拶(左から)中島愛里、植田浩望、夏目ナナ、北村龍平
『VERSUS ヴァーサス』や『あずみ』など数々のヒットアクション作を手がけてきた北村龍平による原案・脚本・プロデュース、監督・坂口拓で贈るゾンビホラー・アクション『鎧 サムライゾンビ』。2月14日(土)、本作が公開初日を迎え、坂口、北村両氏に映画初主演を果たした桜塚やっくんこと植田浩望をはじめ、夏目ナナ、中島愛里が舞台挨拶に登壇した。

晴れの舞台とあって、白のスーツに紫のストールという格好で決めてきた植田さんは「何だか今日の格好は浮いていますが…」と戸惑いながら挨拶。本作で見せる激しいアクションについては「監督から銃を撃つシーンでは目をつぶらないようにと注意され、何回もNGを出してしまいましたが、監督の手本を見習って何とかやり遂げました」と語った。すると、北村さんはすかさず「坂口拓は『VERSUS ヴァーサス』のとき、20回以上目をつぶってたくせにえらくなったな」とツッコミを一撃、これには監督も苦笑い。

強盗三人組の紅一点を演じた夏目さんは「自分と全く正反対の性格だなと思って役を作りました。植田さんとのチョメチョメシーンも見どころです」とセクシーにアピールし、観客をドキリとさせた。一方、本作が映画初主演の中島さんは、植田さんとの接近シーンに触れ「植田さんがそれほど近くまで来ていないのに拒んでしまい、何度もやり直しになってしまいました。植田さんのトサカみたいな髪型がそうさせてしまったのかもしれません」と語り、観客を爆笑させた。

続いて「本日は『少年メリケンサック』(同日公開)を抜けてこっちに来ました」と冗談を飛ばすのは坂口監督。「ホラー、家族愛、恋愛、笑いといった要素がいっぱい詰まった映画なので、女性でももちろんオッケーです。今日は恋愛、今日はホラーといった見方で楽しんで観てください!」と元気よくアピールし、「強盗役の3人の奇抜な格好はやりすぎるまでやれ! という北村イズムのせいでもあります」と師匠の教えを継承したことを明かした。また、今回は監督と俳優という関係ではなく、作り手として坂口監督と手を組んだ北村さんは、「これからも刺激的な作品をどんどん世に送り出していこうと進行中の企画もたくさんあるので、楽しみにしていてください!」と坂口さんとの新たな創作を予告し、ファンの期待を煽った。

『鎧 サムライゾンビ』はシアターN渋谷ほかにて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top