北乃きい&岡田将生が魅せる“不器用さ”に共感、等身大の恋物語『ハルフウェイ』

最新ニュース

『ハルフウェイ』 -(C) 2009「ハルフウェイ」製作委員会
  • 『ハルフウェイ』 -(C) 2009「ハルフウェイ」製作委員会
  • 『ハルフウェイ』 -(C) 2009「ハルフウェイ」製作委員会
  • 『ハルフウェイ』 -(C) 2009「ハルフウェイ」製作委員会
「あすなろ白書」、「ロングバケーション」、「ビューティフルライフ」…“ラブストーリーの神様”北川悦吏子のドラマを見てきた人にとって、彼女が初めて撮る映画と聞けばすぐに観たい! と思わせるものがあるだろう。『ハルフウェイ』は高校生、ヒロとシュウのごく普通の恋物語。好きな人が出来て、告白して、もっと好きになって、でも卒業が近づき——。そんなどこにでもある物語を、北川さんならではの胸きゅん度100%の青春ラブストーリーとして紡いでいく。

高校生の頃、“好きな人”が世界の全てだったりする。会える、会えない、それだけで一喜一憂。本作にも大きな事件は登場しない。放課後一緒にテスト勉強したり、並んで下校したり、日常がドラマなのだ。しかし、高校生には卒業というイベントが待ち構える。好きな人と離れ離れになってしまうかもしれない一大事を前にして、相手を想うつもりでもやっぱり自分の気持ちを抑えきれないのが若さ。人は大人になるにつれて、器用に恋をすることを覚えてしまうもの。2人の不器用さが懐かしいと同時に新鮮に感じる。

ヒロを北乃きい、彼女の恋人・シュウを岡田将生、とキャストには旬な俳優が名を連ねる。2人ともとても等身大。映画の中ということを忘れてしまうほど、自然なやりとりが続き、リアルな感情が素のまま伝わる。出演作が相次ぐ2人だが、特に岡田さんの活躍は目覚ましいものがある。今年だけでも本作以外に『ホノカアボーイ』『重力ピエロ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』と3本公開作が待機し、楽しみな俳優のひとりだ。

ともすれば退屈になり兼ねないストーリーを見事、北川ワールドに仕立て挙げた本作。プロデュースするのは岩井俊二と、Mr.Childrenなどを手がける小林武史。映像の美しさや静かな空気感はまさに岩井監督の世界観を引き継いだもの。小林さんの音楽が切なさを一層高める。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top