ミッキー・ロークの愛犬、18歳で大往生

最新ニュース

ヴェネチア国際映画祭のレッドカーペットを歩くミッキー・ロークと愛犬のロキ -(C) Reuters/AFLO
  • ヴェネチア国際映画祭のレッドカーペットを歩くミッキー・ロークと愛犬のロキ -(C) Reuters/AFLO
ミッキー・ロークの愛犬・ロキが16日に亡くなったことを彼のパブリシストが発表した、とUSA TODAY紙が報じた。

チワワとテリアのミックスのロキは18歳。プレミアなどのイベントやTVのトーク番組にもミッキーの良き相棒として出演、動物愛護団体「PETA」のポスターにもツーショットで登場。『レスラー』が金獅子賞に輝いた昨年のヴェネチア国際映画祭では、おぼつかない足取りで一緒にレッドカーペットを歩いていた。

11日にロンドンから帰国したミッキーは、翌12日にはニューヨークの街でいつものように温かそうなコートを着せたロキを小脇に抱えて歩いていたのだが…。ミッキーは1月にゴールデン・グローブ賞ドラマ部門主演男優賞を受賞した際、スピーチで「犬たちに感謝したい。いまここにいる犬にも、亡くなってしまった犬にも。ひとりぼっちだったとき、犬たちだけがそばにいてくれた。犬たちが俺の全てだった」と語った。

18年間共に過ごした愛犬の死は、主演男優賞受賞の期待がかかるアカデミー賞授賞式をを間近に控えたミッキーに大きなショックを与えているにちがいない。



昨年9月に開催されたヴェネチア国際映画祭のレッドカーペットを歩くミッキー・ロークと愛犬のロキ。

© Reuters/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top