初単独主演の寺脇康文「明日からタイトルは『悲しいおくりびと』にします!」

最新ニュース

『悲しいボーイフレンド』初日舞台挨拶
  • 『悲しいボーイフレンド』初日舞台挨拶
初恋の思い出や学生時代の懐かしき情景…誰もが持つ青春時代の「郷愁」を思い起こさせる、大人のための初恋物語『悲しきボーイフレンド』。昨年秋、作品の舞台となった兵庫県内で先行上映された本作が、2月21日(土)に都内でも初日を迎え、主演の寺脇康文を始め、寺島咲、上田結、松下優也、草野陽花監督が舞台挨拶に登壇した。

寺脇さんは前日行われた日本アカデミー賞の授賞式に掛けて「昨夜、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を取り…逃した寺脇です(笑)」と挨拶し会場の笑いを誘った。そして作品については「『相棒』の亀山は熱血漢だったのもあって、本作の台本を読んだときに、普通のおっさんの役だということにとても魅力を感じました。決して派手な作品ではないですが、本作を観て思い出を思い返していただいたり、誰かに感情移入していただければ嬉しいです」と笑顔で語った。

寺島さんは「撮影がすごく楽しくて、出来上がったものを観て、やって良かったと胸を張れる作品になっていました。この作品は観る年代によって感じ方が違うと思いますので、観終わった後に話し合ってみてください」と呼びかけた。

映画初出演となった上田さんは「初めてのことばかりでしたが、一番意外だったのは監督が優しかったことです。映画監督は竹刀を振り回すイメージがあって…(笑)。切ないシーンも多いのですが、悲しいだけでなく、明日からがんばろうと思える作品です」とアピールした。

「普段は歌手として活動しているので、スクリーンの中の僕を観ていただくのは…緊張します」と照れくさそうに語ったのは松下さん。劇中、上田さんとのキスシーンなどもあったが「ああいうシーンもこういうシーンもありまして(笑)、先日、一番前で作品を鑑賞してとても恥ずかしかったです」と初々しさをのぞかせた。

草野監督曰く「一番の見せ場は寺脇さんの号泣シーン」とのこと。その寺脇さんはと言えば「明日からタイトルを『悲しいおくりびと』に変更します!」など最後までアカデミー賞ネタを引っ張り会場をわかせていた。

『悲しいボーイフレンド』はシネマート六本木ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top