天国のヒースが史上2人目の快挙 助演男優賞受賞! 壇上には家族が登場

最新ニュース

『ダークナイト』  TM & -(C) DC Comics 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『ダークナイト』  TM & -(C) DC Comics 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
実力派&曲者ぞろいで注目を集めていた助演男優賞でオスカーを手にしたのは、故人ながらゴールデン・グローブ賞受賞を始め、賞レースをここまで引っ張り続け、下馬評でも最も高い評価を得ていた故ヒース・レジャー。『ダークナイト』での希代の悪役ジョーカーは、多くの人々の記憶に刻まれると共に、アカデミー賞の歴史にもその名を刻んだ。故人のオスカー受賞は、ピーター・フィンチ以来史上2人目の快挙。

プレゼンターとして壇上に登場したのは、ケビン・クライン、クリストファー・ウォーケンら5人の過去のオスカー受賞者。ヒースの名前が今年の受賞者として呼ばれると、会場は歓喜と故人を偲ぶ拍手に包まれた。授賞式前から、ヒースが受賞した場合、誰がオスカー像を受け取るのかが注目を集めていたが、壇上に上がったのは亡きヒースの両親と姉。父親のキム・レジャーは「息子の素晴らしい演技を評価してくださったアカデミーのみなさま方、ワーナー・ブラザーズ、そしてクリストファー・ノーラン監督に感謝したいです。彼に想像力を駆使する自由を与えてくれました」と感謝を述べ、母のサリーは「ヒースは慈しみ深く、寛容な子で、インスピレーションを私たちに与えてくれました。いまは、ヒースが成し遂げた栄光をお祝いしたいと思います」と静かに述べた。実姉のケイトは天国のヒースに向かって賛辞を語りかけ「誇りを持って私たちがオスカーを受け取ります」と語った。

家族の言葉に涙を浮かべる人々の姿も見られ、故人の快挙を称えて会場からは再び大きな拍手がわき起こった。

第81回アカデミー賞特集
http://www.cinemacafe.net/fes/academy2009
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top