俳優・堺雅人、現役医師の名演に愚痴ポロリ 『ジェネラル・ルージュの凱旋』完成披露

最新ニュース

『ジェネラル・ルージュの凱旋』イベントにて(左前から)海堂尊、堺雅人、竹内結子、阿部寛、中村義洋(後左から)高嶋政伸、羽田美智子、貫地谷しほり
  • 『ジェネラル・ルージュの凱旋』イベントにて(左前から)海堂尊、堺雅人、竹内結子、阿部寛、中村義洋(後左から)高嶋政伸、羽田美智子、貫地谷しほり
  • 田口役でカムバック! 竹内結子
  • 白鳥の早口言葉に苦戦? 阿部寛
大ヒット医療ミステリー「チーム・バチスタの栄光」の映画化に続き、監督・中村義洋が次に描くのは、“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の物語を軸にした救命救急の問題。竹内結子&阿部寛の田口・白鳥コンビを再結成し完成した『ジェネラル・ルージュの凱旋』のプレミアイベントと完成披露試写会が2月24日(火)に行われた。竹内さんと阿部さん、堺雅人、高嶋政伸、羽田美智子、貫地谷しほり、そして中村監督と原作者の海堂尊の総勢8名が救急車に乗って会場に姿を現し、詰めかけたファンに向けて挨拶した。

ファンの熱い歓声に「ただいま!」と元気よく応じた竹内さん。本作で描かれる救命救急の現状に触れ、「この作品では前作以上のチームワークで撮影を乗り切りました。この映画で描かれる(堺さん演じる)救命救急センター長の不正について、観た方にこれを白か黒か考えていただき、何か気づいてもらえたら、世界が変わるんじゃないかと思います」と、寒さをこらえながら訴えかけた。劇中の緊迫した雰囲気とは打って変わって、キャスト一同揃って仲の良さを感じさせる中村組。監督は「『チーム・バチスタ』のチームに申し訳ないくらいに熱い作品になっています。世の中に知っておいてほしいことがあると、初めて思って撮った映画です」とコメントした。阿部さんも「前作以上に骨太な作品になってると思います」と自信のほどをうかがわせるコメント。これを受け、原作者の海堂さんは「現場には実際に“ジェネラル”がいっぱいいる。“ジェネラルを見殺しにしていいのか?”というのを考えてほしい」と現場からの切なる思いを口にした。

またこの日、竹内さん扮する“愚痴外来(不定愁訴外来)”の田口先生に因んで、キャスト一人ずつが胸に秘める愚痴を披露した。「観る人がコールタールに浸かるような嫌な気分になるように真心込めて演じた」と語るように、劇中では冷酷な演技を見せる高嶋さんは、実は「異常にトイレが近くて、撮影中もしょっちゅうトイレに駆け込んでました」と告白。続けて「私たちは本当に仲がいいんですけど…」と真剣な表情で口火を切った羽田さんは「今日はみんな衣裳が黒なのに、なんで私だけグリーンなんですか? 聞いてないですよ!」と激怒し、会場を沸かせた。

人一倍中村組への愛を感じさせたのは、一番年下の貫地谷さん。「どうやったら、いつでもみんなと会えますか?」と中村組の解散を寂しがり、先輩キャスト陣から温かいまなざしで見守られていた。

一方、厚生労働省のお役人・白鳥役の阿部さんの愚痴はというと、「滑舌が悪い」とのこと。自身の役職「大臣官房秘書課付技官」という言葉さえ噛み噛み…。すると、堺さんはいとも容易く言い切って誇らしげな笑顔を浮かべた。しかし堺さんも愚痴がたまっていたようで、「医療指導に来てくださった先生の劇中での演技がものすごく良くて…ぼくはいままで何やってたんだろうと思いました。あの人の演技を超えられたいのですが、どうしたらいいですか?」と興奮気味に悩みを相談。アドバイスを求められた中村監督は、俳優の堺さんに対して「堺くんも結構うまいよ〜」となだめ、会場を一気に湧かせた。そんな中村監督には不満はないのかと思いきや、「こういうイベントの翌日のスポーツ新聞を見ると、写真がいつも僕のところで切れてるんですよね…」と密かに抱いていた不満をぶつけ、「今回はよろしくお願いします」とマスコミ陣に向けてアピールした。

『ジェネラル・ルージュの凱旋』は3月7日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top