初監督の品川ヒロシ、トイレで成宮に演技指導? 二枚目・水嶋ヒロには嫉妬のまなざし

最新ニュース

『ドロップ』完成会見(左より)本仮屋ユイカ、成宮寛貴、品川ヒロシ監督、水嶋ヒロ、中越典子
  • 『ドロップ』完成会見(左より)本仮屋ユイカ、成宮寛貴、品川ヒロシ監督、水嶋ヒロ、中越典子
  • 『ドロップ』 成宮寛貴
  • 『ドロップ』 水嶋ヒロ
  • トイレにも一緒に行くほどの仲のよさ?
  • イケメン2人に囲まれ満面の笑み
  • 劇中では金髪姿を披露してます
  • 笑いの絶えない撮影現場をアピール
  • スーツの赤がひときわ映えていた
人気お笑いコンビ・品川庄司の品川祐が“品川ヒロシ”のペンネームで自身の青春不良時代を基に綴った大ベストセラー「ドロップ」。不良漫画のカリスマ・高橋ヒロシによるコミック化に続き、品川さん自らがメガホンを取った同名映画が3月20日(金・祝)に公開される。これに先駆けて3月2日(月)、品川さんの本拠地・吉本興業の中庭にて本作の完成会見が行われ、品川“監督”はじめ主演の成宮寛貴、水嶋ヒロ、中越典子、本仮屋ユイカが出席した。

冬の寒風吹く中、劇中の赤髪に負けない鮮やかな赤のスーツで登場した成宮さん。「ぼくは不良があまり得意じゃないんですが、一生懸命背伸びしながら不良になっていくヒロシのキャラクターのおかげでこの映画に臨めました。この映画を通して役者として一皮も二皮もめくれました」と挨拶すると、早速監督から「“むけた”でしょ」とツッコミ。品川さんの分身であるヒロシを演じたことについては「楽勝でした! 現場ではいつも品川さんがすぐそばにいてくれて、一緒におしっこにも行きました(笑)。そのおかげで自信を持って演じることができました」と笑顔を見せる成宮さんに、品川さんは「成宮くんは喜怒哀楽を表情だけで表現してくれる。僕を演じるという以上にヒロシ役として、素晴らしい役者だと思った」と称賛の言葉を贈った。

何よりもケンカのアクションシーンが見どころの本作。ヒロシの姉・ユカ役の中越さんは「本当に品川さんは初監督? と思うほど素敵な映画。とってもかっこよくてやんちゃな坊主たちがイケてます。きっと女の子が観たら惚れると思います」と作品をアピールした。

本仮屋さんも「最初は不良に対して『どうしてケンカするんだろう?』と思ってましたが、いまは私も暇があったらケンカしようと思います!」とすっかり不良たちに魅了された様子。本作で本仮屋さんは、成宮さんと水嶋さんの間に挟まれるヒロインを演じたが、もし実際に2人にアタックされたら? と聞かれると「え〜! もう嬉しくって毎日幸せですね。撮影でも、最高に素敵な2人に囲まれて毎日幸せでした」と舞い上がって見せた。

「体脂肪が人より少ないので…」と寒さに弱音を吐くのは、ヒロシの憧れの不良、二枚目の達也を演じた水嶋さん。初の不良役については「初めて金髪にしたりと、チャレンジングな役でした。監督には『(不良について)何も知らない分、リアルな不良になれる』と言われたのですが、余計なものが何もなかった分、安心して監督に身を委ねて挑戦できました」とふり返った。演技の感想を尋ねられた品川さんは「かっこいいですよね。普段、僕には目もくれない女性社員が勝手に現場の写真を撮ってたのには頭きましたけど」とつい本音をもらし、笑いを誘った。逆に品川さんの監督ぶりを聞かれた水嶋さんは「天才です」と一言。照れる品川さんを横目に「夜中の撮影でこんなに眠そうに“OK”を出す監督は初めてでしたが(笑)、完成した作品を観て一緒にお仕事をさせてもらえて良かったと思った」と感謝を述べた。

『ドロップ』は3月20日(金・祝)より角川シネマ新宿ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top