沢村一樹、理想のプロポーズは「玉置浩二に聞け!」 白石美帆のお尻に触ったのは…

最新ニュース

『カフーを待ちわびて』初日舞台挨拶
  • 『カフーを待ちわびて』初日舞台挨拶
  • 巨大絵馬には「嫁に来ないか 幸せにします」の文字が
  • 沖縄がたいそう気に入ったようで「(余生のために)俳優としての引退が早まった」とも
  • 「身近にある幸せ」を実感したというマイコさん
  • 沖縄方言でのセリフにも果敢に挑戦
  • 地元を舞台にした作品への出演に笑顔
  • 撮影現場でセクハラ被害…? 
  • 結婚についての経験談を照れながらもニコニコと話してくれました
原田マハによる第1回日本ラブストーリー大賞の大賞作品に、オリジナルの結末を加える形で映画化した『カフーを待ちわびて』が2月28日(土)に公開を迎えた。初日の舞台挨拶に主演の玉山鉄二にマイコ、勝地涼、尚玄、宮川大輔に白石美帆、沢村一樹、そして主題歌を歌うmoumoon(YUKA、柾昊佑)の2人と中井庸友監督の総勢10名が登壇した。

玉山さんは、沖縄を舞台にした本作を意識して、観客に向かって「めんそーれ!」と挨拶。さらに「撮影のために1か月ちょっとの間、沖縄で寝泊りしてましたが、東京では感じることの出来ないことをたくさん感じました。太陽や海や空といった身近なものがこんなにもきれいだったのかということを日々、実感していました」と充実した表情で語った。

マイコさんは「この作品で、幸せは身近なところにあるんだということと周りの人を大切にしよう、という思いが強くなりました」と笑顔で挨拶。勝地さんも「この作品に出て、生まれ育った土地や家族を大切に思う気持ちが強くなりました」とうなずいた。

尚玄さんは沖縄生まれだが「僕が育った那覇とはまた違った、昔の良い沖縄に触れることが出来ました」と嬉しそうな表情を見せた。そんな尚玄さんにセクハラ疑惑? 劇中、尚玄さんが白石さんのお尻を触る場面があるが、このときの撮影について白石さんは「触られた瞬間に、なぜか全く関係ない博多弁で『なんばしょっと!』って言ってしまいました…」と恥ずかしそうに告白。ちなみに、玉山さんによると、尚玄さんは「前の晩に『明日、白石さんのお尻を触るんだよね〜』と話していたとか。監督もこの証言に呼応するかのごとく「何かNGが多かったような…」と明かし、これには尚玄さん、必死に弁解していた。ちなみに沢村さんは「白石さんのお尻を触った尚玄の手を触らせてもらいました!」と恥じらいなど一切見せずに告白し、会場の笑いと拍手を誘った。

この後、男性キャストには、劇中に登場する絵馬に因んで、結婚したいという気持ちをどのように絵馬に書くか? という難題が。尚玄さんは先ほどのセクハラ疑惑から名誉挽回とばかり「“一生守ってやる”って書きたいです」と語り、その男らしさに大きな拍手が。宮川さんは既婚者だが、いまの奥さんへのプロポーズの言葉を尋ねると「奥さんが僕についてきてくれて、気がついたらいつの間にか一緒にいただけですよ」と照れくさそうに語り、こちらにも大きな拍手が贈られた。そして、沢村さんにはなぜか「理想のプロポーズの言葉は?」という質問が。これを沢村さんが「玉置浩二にでも聞いてください!」とかわして会場は再び大きな笑いがわき起こった。舞台挨拶後にはmoumoonによるライヴも行われ、会場は熱気に包まれた。

『カフーを待ちわびて』は新宿バルト9ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top