伊藤淳史「奇跡が起こるきっかけとなる映画に」 笑顔で主演作の公開を迎える

最新ニュース

『フィッシュストーリー』初日舞台挨拶(左から)中村義洋監督、濱田岳、多部未華子、伊藤淳史、高良健吾、大森南朋
  • 『フィッシュストーリー』初日舞台挨拶(左から)中村義洋監督、濱田岳、多部未華子、伊藤淳史、高良健吾、大森南朋
  • 『フィッシュストーリー』 伊藤淳史
  • 『フィッシュストーリー』 濱田岳
  • 『アヒルと鴨のコインロッカー』以来、すっかり仲良しの2人
  • 劇中では一変、パンクロックを披露
  • 船上を舞台に森山来來と共演
  • 「逆鱗」をスカウトする音楽会社の社員を演じる
  • 春らしい装いがお似合い
熱烈なファンの多い作家の伊坂幸太郎と中村義洋監督が『アヒルと鴨のコインロッカー』以来となるコンビで、音楽が時代を超えて巻き起こす奇跡の物語を描いた『フィッシュストーリー』。本作が3月20日(金・祝)に公開初日を迎え、中村監督を始め、主演の伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、大森南朋による舞台挨拶が行われた。

斉藤和義プロデュースの元、劇中バンド「逆鱗」として実際にCDデビューも果たした伊藤さんと高良さん。本作で初めてのベースに挑んだ伊藤さんは「楽器を持つところから始めて、最終的にはすごくベースが好きになって楽器を購入しました。ライヴでも新しい経験をさせてもらい、すごく気持ちよかったですね」とバンド活動に対する思い入れを語った。撮影中は本当のバンドさながらに仲を深めていったというが、リーダー役の伊藤さんに向けて高良さんは「みんなをまとめてくれていて、本当にリーダーでしたね」と少ない言葉の中に強い信頼を感じさせた。壇上ではシャイな高良さんは劇中でパンクロックを歌い上げるが、そのオーディションはカラオケで行われたとのこと。中村監督は「とても素直な、合唱団寄りな歌い方でした。そこから彼がどう変わったかを見てもらえたら嬉しい」と一押しした。

そんな「逆鱗」の音楽の魅力を「疾走感と勢いがあって、すごいパワーを感じました。いつも楽しそうだなとうらやましく見ていました」と話すのは大森さん。観客に向けて「お帰りの際には、ロビーで逆鱗のTシャツを買って帰ってください」と呼びかけ、笑いを誘った。

前作『アヒルと鴨のコインロッカー』と比較し、「人と人のつながりというところがさらに深くなっている」と言う中村監督は、「この映画を撮るには『アヒルと鴨のコインロッカー』がないといけないし、それを撮るにはあるプロデューサーと出会わなければならなかったし、そのプロデューサーは僕の大学の先輩と一緒に仕事をしていて、その先輩と出会うには僕も大学に入らなければならない…と、こんな映画になっている」と“つながり”を強調した。

春らしい緑のジャケットで登場した濱田さんは「今日は偶然、未華子ちゃんと服の色味が似てしまったんですけど、ファンの方々、僕を嫌いにならないでくださいね」とおどけて挨拶。濱田さんは80年代、多部さんは現代と異なる設定の中で演じている、同学年ということもあり打ち解けているようで、多部さんが「岳ちゃんのシーンはかわいかったですね」と言うと、濱田さんは「かわいくはないと思うんですけど…」と照れてみせた。これに「かわいいよ」と追い討ちをかける監督は「このオドオド感が好きなんです。映画にもまるまる濱田さんのかわいい感じが出ています」と太鼓判を押した。『アヒルと鴨のコインロッカー』でのタッグ以来、すっかり意気投合した濱田さんと監督だが、「お芝居の話は全くしないで、いつもチャラチャラふざけています」という濱田さんの言葉通り、壇上でも終始仲むつまじい様子見せ、会場を和ませた。

そして最後に、伊藤さんから「この映画を観て、人と人のつながりや、小さなことがとんでもない奇跡が起こることを感じてもらえたら嬉しい」とメッセージが贈られると、会場からは温かい拍手がわき起こった。『フィッシュストーリー』は渋谷シネクイント、シネ・リーブル池袋ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top