ロシアが闇に葬った宇宙のもう一つの真実… “アルマズ号”衝撃の映像が到着!

最新ニュース

『アルマズ・プロジェクト』
  • 『アルマズ・プロジェクト』
イタリアの科学者ガリレオ・ガリレイが、全く新しい天体の概念を切り拓いてから400年、そしてアメリカの英雄、ニール・アームストロング船長率いるアポロ11号が初の月面着陸を果たしてから40年。記念すべき2009年、その功績を映し出した『ザ・ムーン』が1月に公開されたが、実はその輝かしい人類と宇宙の歩みの軌跡にはもう一つ、知られざる究極のタブーがあった。11年前、ロシア政府が闇に葬った事件“アルマズ・プロジェクト”である…。

旧ソビエト連邦が軍事目的に沿って開発した宇宙ステーション“アルマズ号”。その後、このプロジェクト自体は幕を閉じたものの、1998年に“事件”が起きた。ロシア政府の極秘宇宙ステーション「アルマズ号」がレーダーから消え、その4日後、地球の大気圏に突入して爆発。この事故については様々なうわさが行き交ったが、ロシア政府はその全てを否定し、事件ごと闇に葬ったのだ。それから空白の期間を経て、この宇宙船の残骸から発見されたブラックボックスに収められた禁断の映像が、映画『アルマズ・プロジェクト』となって、遂に公開される。果たして、この映像に映る隠された真実とは——。

この衝撃の映像にあなたは耐えられるか…? まずは予告編映像をチェック! 『アルマズ・プロジェクト』は6月6日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

※こちらの映像は『アルマズ・プロジェクト』作品情報ページでもご覧いただけます。
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/20844/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top