ビリー・ボブ・ソーントン、失言で自身のバンドのカナダ・ツアーをキャンセル

最新ニュース

最新出演作『Manure』(原題)を携えて、サンダンス映画祭を訪れたビリー・ボブ・ソーントン -(C) Splash/AFLO
  • 最新出演作『Manure』(原題)を携えて、サンダンス映画祭を訪れたビリー・ボブ・ソーントン -(C) Splash/AFLO
自身のバンド、The Boxmastersを率いてカナダ・ツアー中だったビリー・ボブ・ソーントンが、残りの2公演をキャンセルした。「メンバー1人と数人のスタッフの風邪のため」と発表されたが、そのほかにも理由はあるようだ。

カントリー歌手のウィリー・ネルソンの前座としてカナダをツアー中だったThe Boxmastersは、8日にラジオ番組に出演した。このとき、司会者はビリー・ボブについて「オスカー受賞脚本家で、監督・俳優」と紹介したのだが、どうもそれが気にくわなかったらしい。その後は司会者が何を聞いても「あんたの言ってることはさっぱり分からない」と繰り返すばかり。出演時間の最後にバンドで演奏する際も、自分のドラムセットを持って来なかったという理由でビリー・ボブは演奏に参加しなかった。

しかし、何よりもまずかったのはビリー・ボブがカナダの観客について「マッシュポテト」と評したことだった。これはカナダの観客がアメリカに比べて大人しいと話していたときに「いつもは客同士が物を投げ合ってるような場所でやってるんだが、ここ(カナダ)ではみんな着席していて、こっちが何を言おうと関係ない。まるで、グレーヴィーのかかっていないマッシュポテトだね」と発言したのだ。

ラジオ出演の翌日のトロント公演前に「あれは司会者についての発言。カナダは大好きな国だ」と弁解したものの、もはや後の祭りで会場はブーイングの嵐。「グレーヴィーをかけるぞ!」という罵声を浴びながらの演奏になり、翌日に残りの公演のキャンセルが発表となった。



最新出演作『Manure』(原題)を携えて、サンダンス映画祭を訪れたビリー・ボブ・ソーントン。

© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top