ドリュー・バリモア、新作プレミアに同伴したのは、やっぱりジャスティン・ロング

最新ニュース

『Grey Gardens』のN.Y.プレミアに出席したドリュー・バリモア -(C) Reuters/AFLO
  • 『Grey Gardens』のN.Y.プレミアに出席したドリュー・バリモア -(C) Reuters/AFLO
ドリュー・バリモアが、14日に行われたジェシカ・ラングとW主演したTV映画『Grey Gardens』(原題)のニューヨーク・プレミアに出席、会場のジーグフェルド劇場にジャスティン・ロングと共に現われた。

昨夏に破局を発表したドリューとジャスティンだが、今年になって共演作の『そんな彼なら捨てちゃえば?』のプレミアでは仲のいいツーショットを披露。映画の宣伝のためかと思いきや、クラブでのデートなども目撃され、本格的に関係が復活したらしく、くっついたり離れたりの状態が続いているようだ。

ドリューはアルベルタ・フェレッティのドレスを身にまとい、フレッド・レイトンの宝飾品をつけてクラシックな雰囲気。映画で彼女が演じた、名門ブーヴィエ家(JFK夫人だったジャクリーン・ブーヴィエ・ケネディ・オナシスは親戚)の女性を思わせるシックな装いだ。彼女の母をジェシカ・ラングが演じ、上流社会で優雅に暮らしていた母娘が没落していく姿をコミカルな要素も交えて製作された1975年のドキュメンタリーを基に映画化している。

ちなみにこのドキュメンタリーはブロードウェイでミュージカル化もされており、今年11月には日本でも、大竹しのぶと草笛光子共演で日比谷シアタークリエでの上演が決定している。



© Reuters/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top