いじめか! 斉藤祥太の印象聞かれ山田孝之「実は双子」、栗山千明「見分けつかない」

最新ニュース

『鴨川ホルモー』初日舞台挨拶。(左から)本木克英監督、芦名星、濱田岳、山田孝之、栗山千明、石田卓也、斉藤祥太
  • 『鴨川ホルモー』初日舞台挨拶。(左から)本木克英監督、芦名星、濱田岳、山田孝之、栗山千明、石田卓也、斉藤祥太
  • 脱力系?舞台挨拶
  • この美しい姿から大変身!
  • 劇中にも出てくる銘酒「玉乃光」で鏡開き。手にはオニの棍棒が!
  • 会場のあちこちから「山田くーん!」と歓声が飛び交った
  • 凡ちゃんスタイル&ポーズを楽しんだ様子
  • “美しい鼻”が大スクリーンに!
  • これが、現代版・織田信長?
山田孝之、栗山千明ら旬の若手俳優が、おかしなポーズ付きで「ゲロンチョリ」と絶叫する姿がCMなどで流れ、一体どんな映画かと話題を呼んでいた『鴨川ホルモー』。4月18日(土)についに公開を迎え、都内の劇場で山田さん、栗山さんを始め濱田岳、石田卓也、芦名星、斉藤祥太、そして本木克英監督が出席して、舞台挨拶が行われた。

主人公のサエない京大生・安倍を演じた山田さんは、女性ファンからの大歓声に「はい、山田でーす」と力の抜けた調子で応え「(公開を迎え)やっとかぁ…という感じです。宣伝をがんばってきたので、やっと今日で終わりだと安心してます。後はおもしろかったと感じてくれた人が応援してくれるかな、と思っています。がんばっていきましょー」と終始リラックスした様子で語った。

安倍の親友・高村役の濱田さんは、映画のシーンを意識して「織田信長です」と挨拶し歓声を浴びた。劇中、チョンマゲ姿を披露しているが、初めてチョンマゲの自分を見たときの感想を尋ねると「似合ってるな、と思いました。装着に2時間かかって辛かったですが、一度被ったら後に引けず、楽しむほかなかったです」とふり返った。

温厚な双子、三好兄弟の兄を演じた斉藤祥太さんは、自身がレギュラーで出演するTV番組「王様のブランチ」に山田さんら共演陣が出演した際の態度に憤慨している様子。「番組の中で、みんなに僕の印象を聞いたら、孝之は『実は双子』、岳くんは『特になし』、千明ちゃんは『(双子の慶太と)見分けがつかなくなった』とか、ひどいんですよ(笑)。もうちょい優しくしてください!」と観客の前で訴えた。

安倍が一目ぼれする美少女・京子を演じた芦名さんは、“美しい鼻を持つ”という京子役の設定について「嫌でしたよ! 毛穴とか大丈夫だったでしょうか?」と大スクリーンで自らの鼻が映し出されたことに、心配そうな表情を見せた。

安倍とは犬猿の仲の同級生、芦屋に扮したのは石田さん。観る側からすると、芦屋はかなりいけ好かない男だが、石田さん自身も辛かったようで「嫌なセリフが多くて、気持ち良くはなかったですね…」と苦笑交じりにふり返った。

この日は肩を出したセクシーな衣裳で登場した栗山さんだが、劇中では“凡ちゃん(=大木凡人)”とあだ名される、あまりイケてない女の子に大変身を遂げている。見た目だけでなく、演技面でもおかしなポーズと“オニ語”を発するなど、新たな境地を開いたと言える。「(セリフやポーズに)抵抗はなかったですよ。立命館大学での試合の撮影で、みんなの(凄まじい)表情を見たら、『やるしかないな』って思いました」と撮影を楽しんだようだ。

なお、本作は日本を飛び出して、全米でも公開されることが正式に決定したが、山田さんは「この変な感じが(アメリカ人に)分かるんでしょうか?」と少し心配そう。本木監督は「タイトルも『ハーバードホルモー』とか『UCLAホルモー』って感じで変わるんでしょうか?」と想像を膨らませていた。

山田さんは「大爆笑する映画ではないと分かったと思いますが、息抜きに」と最後まで脱力モードで作品をアピール。その様子に会場からは笑いと拍手がわき起こった。

『鴨川ホルモー』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top