『重力ピエロ』先行公開で仙台に一家集結! 加瀬亮&岡田将生、笑顔で「嬉しい」連発

最新ニュース

『重力ピエロ』宮城先行公開舞台挨拶。(左から)森淳一監督、岡田将生、加瀬亮、鈴木京香、小日向文世
  • 『重力ピエロ』宮城先行公開舞台挨拶。(左から)森淳一監督、岡田将生、加瀬亮、鈴木京香、小日向文世
自らが暮らす宮城県・仙台市を舞台にした数々の作品を世に送り出し、絶大なる支持を受ける当代一のベストセラー作家・伊坂幸太郎。彼にとって4作目の小説であり、自身初の直木賞候補作となった「重力ピエロ」が映画化され、4月25日(土)に物語の舞台で、撮影も行われた宮城で先行公開を迎えた。仙台市内のMOVIX仙台では、上映前に森淳一監をはじめ主演の加瀬亮に岡田将生、小日向文世、鈴木京香が登壇しての舞台挨拶が行われた。

泉水(加瀬さん)と春(岡田さん)兄弟に父(小日向さん)、母(鈴木さん)の一家4人の揃い踏みに会場からは大きな拍手と歓声が。加瀬さんは「本当にたくさんのみなさまにご協力いただいて、この日を迎えられて本当に嬉しいです。今回の先行公開で、まずみなさんに一番に届けることができることがすごく幸せです。この映画が全国に伝わるように、手助けしていただければと思います」と満員の客席に呼びかけた。岡田さんも「今日を迎えられて単純に嬉しいです。もっとたくさんの人に観てもらえるといいなと思っています。僕は、この映画が出来上がって初めて観たとき、すごく大好きになりました」と満面の笑みを浮かべて挨拶。

小日向さんは「ちょうど1年前の今頃、仙台で撮影中でした。また1年経って、今日の日を迎えられて嬉しいし、また仙台に来られたこともすごく嬉しいです」と語り「僕が演じた正志は、妻を愛し子供にたくさんの愛を注いでいるということが何より素晴らしいと思う。加瀬さん、岡田さんを見ていると、すごくかわいくて自然に演技ができました。鈴木さんとも夫婦役ができて僕も幸せだったし、正志も幸せな父親だと思いました」と物語の中心を貫く、家族の絆の強さを垣間見せた。

鈴木さんも「最高の家族を演じました」とうなずき「たくさんの宮城県の人々に、温かく迎え入れていただいて本当にありがたかったです。私は宮城県出身なので、(撮影中に)観光スポットをみんなにアドバイスしたかったけど、昔とだいぶ違ってまして…。ご案内できなかったのが残念でしたが、作品を観て改めて宮城の良さを感じることができました。協力してくださった宮城の人々と自然に感謝です!」と力強く語った。

森監督も公開にホッとした様子を見せながら「この映画に参加してもう4年が経ちます。温めて、育て上げた作品をいち早くご協力いただいたみなさんに観ていただけると思うと、本当に嬉しいです。この熱気を全国に伝えたいです」と感謝と決意を口にした。

杜の都を舞台に、最強の家族の物語が発進! 『重力ピエロ』の全国での公開は5月23日(土)より。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top