【ハリウッドより愛をこめて】『天使と悪魔』でキスシーンが無くなったワケは?

最新ニュース

『天使と悪魔』
  • 『天使と悪魔』
ブリトニー・スピアーズが音楽の世界に完全復帰しました! 彼女のツアーと新アルバムは大好評で彼女も輝いてます。そんなブリトニーですが、ここにきて声のケアが悩みの種のよう(口パクじゃなかったの!?)。とにかく、この悩みを解決すべく、彼女は酸素カプセルを使い出したみたいです。ほかのアーティストでは、マドンナやマライア・キャリー、マイケル・ジャクソンも美声を保つために酸素カプセルを愛用しているといううわさです。どうやら、ブリトニーはカナダのバンクーバー公演で、アリーナに立ち込めるタバコの煙に対して大激怒したそうです(あれ? かつてのブリトニーはチェーン・スモーカーだったはずでは…?)。ショーの後にブリトニーは煙を体内から排出しようと、酸素カプセルへ向かったそうですよ。ブリトニーは近々U.S.でのツアーを終え、6月3日から始まるヨーロッパツアーへと旅立ち、ロンドンのO2アリーナでは8回公演を行う予定です。

話は変わって、今月、「スーパーマン」ファンにとって歴史的遺産を手に入れるチャンスです! かつてクリストファー・リーヴが1983年の映画で着用したオリジナルのスーパーマンの衣裳がオークションに出品されるそうです。オーストラリアの個人コレクターにより出品されるもので、関係者によれば、5月24日に行われるオークションでは最低11万500ドルから15万300ドルの間で落札されるとの予測も。

ほかの映画ニュースでは、先日トム・ハンクスが『天使と悪魔』のプロモーションのため、東京を訪れたみたいですね。本作はダン・ブラウンの小説を原作とし、『ダ・ヴィンチ・コード』の世界的ヒットに続く作品。ですが、この大物俳優は待望の新作でベッドシーンを諦めざるを得なかったようで、その理由もアクション満載の映画で“キスをする時間なんてない”からとのこと。当初は、トム演じるラングドン教授とアイェレット・ゾラー扮するヒロインの間のロマンスを描きたかったそうなのですが…。

トム曰く「枢機卿が毎時間殺されているような状況なもんだから、私たちはベッドに入る時間もなかった。何とか実現しようとしてシナリオも何度か書き直して、車の中までもラブシーンを試したんだけど、アルファロメオの中にはそんなスペースがなかったんだよね(笑)」とのこと。とは言え、聞いたところによれば、映画は絶賛の声が多く『ダ・ヴィンチ・コード』よりもアクションが満載のようですよ! 早く観たい!

そして最後に、先日私は『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』『スター・トレック』を観たばかりなのですが、どちらもとても良かったです! でも、個人的には断然『スター・トレック』の方が好きですね。決して私は“トレッキー(「スター・トレック」シリーズの熱狂的なファンの愛称)”でもなく、TVシリーズや映画もこれまで観たことがなかったのですが、J.J.エイブラムス、そして素晴らしいキャストにより見事な映画となっていました。オリジナルのTVシリーズをあまり知らない方でも、十分楽しめると思うので、ぜひ公開されたら観ることをお薦めします! 間違いなく、この新しいキャストの『スター・トレック』映画はシリーズ化されることでしょう。

《text:Lisle Wilkerson》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top