過熱するゴシップ取材に、アラフォー女優たちが怒り心頭

最新ニュース

息子のジェームズくんとお出かけするサラ・ジェシカ -(C) Splash/AFLO
  • 息子のジェームズくんとお出かけするサラ・ジェシカ -(C) Splash/AFLO
今夏、代理出産で双子の母親になる予定のサラ・ジェシカ・パーカーが、代理母の女性に対するメディアの過熱取材に心を痛めている、とTV番組のインタビューで語った。

19日放映された芸能番組「Access Hollywood」に出演したサラ・ジェシカは、代理母の女性の電話は盗聴され、コンピュータはハッキングされ、脅迫も受けていることを明らかにした。そればかりか、「彼女の友人や家族も脅迫されているわ」と言う。代理母の友人で妊娠中の女性が、代理母本人と間違えられて高速道路でパパラッチに追いかけられたりしているという。

サラ・ジェシカは「彼女のことが本当に心配なの。彼女のプライバシーが侵害されることに強い怒りを感じています。彼らは自分たちのことを“記者”だと思っているみたいだけど、常軌を逸してるわ。やり過ぎよ」と激怒している。

このところ、ゴシップ誌の取材はエスカレートする一方。認知症を患い、養老施設にいるブルック・シールズの母を「National Enquirer」誌の記者が施設から連れ出し、捜索願が出される騒ぎがあったばかり。ブルックの母親は施設に隣接するレストランで記者と一緒のところを発見された。ブルックの母親と記者は10年以上前から知り合いだったというが、ブルックは母親が利用されかけたと怒り心頭で、関係者を法的に訴えることも辞さない構えだという。



© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top