やっぱり猫が好き? 超人気ブログ「くるねこ」アニメ化で小林聡美が一人全役に挑戦

最新ニュース

アニメ「くるねこ」 -(C) 2009 Kuruneko Yamato/PUBLISHED BY ENTERBRAIN, INC./くるねこ舎
  • アニメ「くるねこ」 -(C) 2009 Kuruneko Yamato/PUBLISHED BY ENTERBRAIN, INC./くるねこ舎
  • アニメ「くるねこ」 -(C) 2009 Kuruneko Yamato/PUBLISHED BY ENTERBRAIN, INC./くるねこ舎
  • 「くるねこ4」(エンターブレイン刊 税込1,050円) -(C) Kuruneko Yamato
猫をテーマにした数々の映画の公開に、猫駅長、果ては猫カフェなど、とどまるところを知らぬ空前の猫ブームの中、その大本命として、大人気のブログを基に誕生した漫画「くるねこ」のアニメ化が決定! 元々は、捨て猫を見ると拾わずにいられない筆者“くるねこ大和”が、拾った猫たちの里親探しのためにブログを開設したのが始まり。これが、OLや主婦を中心に人気を博し、様々なブログのランキングで上位に上り詰め、これを単行本化した漫画「くるねこ」(エンターブレイン刊)もシリーズで60万部を超える大ヒット作となった。

今回、この漫画が満を持してアニメ化。個性に富んだ猫たちに囲まれた笑いあり、涙ありの日常が綴られる。本作で、5匹の猫たちと飼い主“くるねこ大和”の6役全ての声を演じるのは、『かもめ食堂』、『めがね』などでの好演で、世の女性たちの支持を得ており、先の2作と同じスタッフによる『プール』の公開を9月に控える小林聡美。小林さんと猫と言えば、小林さんが脚本家、演出家の三谷幸喜と結婚するきっかけともなった「やっぱり猫が好き」が名高い。どこか運命を感じさせる今回の一人全役で、かわいらしい猫たちをどう演じ分けるのか、注目が集まる。

原作の持つ命の温かさを独特の“間”で描き出すのは、「おじゃる丸」などのアニメ作品の演出を手がけてきた大地丙太郎。主題歌の作曲を、これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツなど錚々たるミュージシャンたちのプロデュースやアレンジを手がけてきた、J-POPを代表するプロデューサー、亀田誠治が担当することも発表された。なお、その主題歌を歌うミュージシャンは…後日発表されるとのことなので、こちらも要チェック!

また、本作は7月5日(日)より関西テレビにて放送がスタートし、作品のご当地である名古屋(東海テレビにて7月11日より放送開始)など13府県でテレビ放映される。加えて、ブログ発という本作の特性を生かして、Yahoo!動画での全国無料配信も実施。Yahoo!ファンクラブで「くるねこ」公式サイトが開設されるなど、今後もWEB上で様々なサービスとの連動が行われる予定だという。

TVアニメ「くるねこ」
7月5日(日)から関西テレビにて放送(毎週日曜8:55〜9:00)
7月11日(土)より東海テレビにて放送(毎週土曜11:40〜11:45)
TV放送後、Yahoo!動画にて無料動画配信予定
公式サイト:http://kuruneko.fc.yahoo.co.jp

くるねこ大和ブログ
http://blog.goo.ne.jp/kuru0214
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top