“モラリスト”辛酸なめ子、ペネロペ・クルスを見て魔性の女への変身願望が芽生える?

最新ニュース

『それでも恋するバルセロナ』トークショー。(左から)ブルボンヌ、辛酸なめ子、Lily
  • 『それでも恋するバルセロナ』トークショー。(左から)ブルボンヌ、辛酸なめ子、Lily
  • 魔性の女への変身願望が?
  • 過激なトークに会場は大きな盛り上がりを見せた
休暇でバルセロナを訪れた親友同士の女性2人とそこで出会った画家の男、さらにはその元妻をも巻き込んで繰り広げられるロマンスと騒動を描いた、ウディ・アレン最新作『それでも恋するバルセロナ』。本作の特別試写会が6月19日(金)に行われ、上映後には漫画家でコラムニストの辛酸なめ子、同じくコラムニストで小説も手がけているLilyを迎えてのトークショーが行われた。

「贅沢な時間をあなたに」と題して、開催されたこちらの試写会。キャンドルの灯りが揺らめく中で映画の上映は行われ、観客は上映後もその余韻に浸っていたが、トークショーの司会を務める女装パフォーマーのブルボンヌが、派手なオレンジの衣裳で登場すると、会場の空気は一変!? 続いて辛酸さん、Lilyさんも登場し、トークがスタート。

映画に登場する3人の女性について辛酸さんは「恋愛体質のクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)、モラリストのヴィッキー(レベッカ・ホール)、魔性の女・マリア(ペネロペ・クルス)」と3タイプに分類。Lilyさん曰く「結婚とは何か? 恋愛と結婚はどう違うのか? といったことについて、誰しも3人の誰かに当てはまるし、また3人全員の中に自分がいる気もする」という。ちなみに辛酸さんは「モラリストで日本人に多いヴィッキー・タイプ」とのこと。ブルボンヌさんは「口周りがスカーレット・ヨハンソンに似てる(笑)」(辛酸さん)ということもありクリスティーナに共感するらしく「ああいう男(ハビエル・バルデム扮する芸術家・アントニオ)に誘われたら、周りに止められても付いていく!」と鼻息荒いが…。会場の観客に聞いてみるとやはり、ヴィッキー派が断トツで、クリスティーナはちらほら、マリアはほとんどなしという結果に。

辛酸さんは、ヴィッキー・タイプを自認しつつも魔性の女に対する憧れもあるようで「フランス人に憧れてフランス語を習ったりしたこともあったんですが…」と明かすが、Lilyさんは「ラテンの男たちは激情的な女性が好きな部分はあるけど、日本の男はそういう女性に対して引いてしまう。それで、女性もモラリストのヴィッキー化してしまうところがあるのでは?」と分析する。

辛酸さんからは、ハビエル扮するアントニオに対してこんなダメ出しも。「私としてはアントニオの芸術的な才能に疑問を持ちましたね。アーティストってあんなにギラギラせず、もっと鬱屈したものを抱えているもの。この人はフェイクなのか…? と(笑)」。この辛口発言には会場は爆笑。

さらに、Lilyさんは「恋愛には、当事者にしか分からない部分が多い」と語り「ウディ・アレンは、完全なるアンチ・ヴィッキー派なんだと思う。彼も結婚についていろいろ言われたけど、その愛は理屈じゃないんだ、と」と劇中で展開される様々な愛の形に理解を示した。ちなみにLilyさん自身、昨年末に結婚しているが「会ってから4日で結婚しました。周囲からは『クレイジー!』とか言われましたが、言葉では言えなくても、自分たちの中に存在する真実がある」と力強く語った。辛酸さんもこれに対し「ヴィッキーが、割と散々な目に遭うのは、ウディ・アレンの怒りなのかも…」と笑い、「私はA型のモラリストですが、バルセロナまで行って、スペインギターを聴けば変われるのかも」と激情型の魔性の女への“変身”を決意し、トークショーは幕を閉じた。

『それでも恋するバルセロナ』は6月27日(土)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top