ジョニー・デップ最新作のシカゴ・プレミアに登場! ファンへの感謝を熱く語る

最新ニュース

『パブリック・エネミーズ』プレミアに登場したジョニー・デップ -(C) Reuters/AFLO
  • 『パブリック・エネミーズ』プレミアに登場したジョニー・デップ -(C) Reuters/AFLO
ジョニー・デップが実在の銀行強盗犯を演じた最新作『パブリック・エネミー』(原題)のプレミアが18日、映画の舞台にもなったシカゴで開催され、監督のマイケル・マン、共演のクリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤールとともにジョニーも出席した。

1930年代、アメリカ中西部で銀行強盗を重ねた実在の人物、ジョン・デリンジャーを演じるジョニーはデリンジャーについて「とても忠実な男だ。ああいうことをしでかす人物にしては珍しいことじゃないかな」と語る。デリンジャーは当時、現代版ロビン・フッドとみなされることもあった人物だという。

ラルフ・ローレン パープル・レーベルのストライプのスーツを着たジョニーは、この日もレッドカーペットに集まったファンたちの声援を受け、出来る限りサインや写真のリクエストに応じていた。TV番組「Entertainment Tonight」の取材を受けたジョニーはファン・サービスについて「だって、僕がここにいられるのは彼らのおかげだから」とファンについて語った。「いまも仕事があるのは、彼らがこうしてサインをもらおうと、あるいは挨拶や握手をしようと、待っていてくれるからだ。彼らが僕に『ハイ!』と挨拶してほしいなら喜んでするし、彼らが望むことを出来る限りしてあげたい」。

『パブリック・エネミーズ』は7月1日より全米公開、日本では年末年始に公開予定。



© Reuters/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top