ペネロペ・クルス「ウディ・アレンとアルモドバルの間の伝言係を楽しんでるわ」

最新ニュース

『それでも恋するバルセロナ』
  • 『それでも恋するバルセロナ』
  • 『それでも恋するバルセロナ』
  • 『それでも恋するバルセロナ』
  • 『それでも恋するバルセロナ』
偉大なる偏屈者ウディ・アレンが、“ミューズ”スカーレット・ヨハンソンを主演に映画を撮ったというなら「またか…」で終わりそうだが、そこで共演するのがペドロ・アルモドバルのミューズ、ペネロペ・クルスだと聞いたら捨て置くわけにはいくまい。おまけに物語の舞台は、ウディ・アレンにとって“完全アウェー”のバルセロナであり、実生活でぺネロペと恋仲にあるハビエル・バルデムも出演。『それでも恋するバルセロナ』では明るくも複雑なる三角、いやレベッカ・ホールを加えて四角関係が展開される。ペネロペに、スペイン人女優として初めてのオスカー(助演女優賞)をもたらした本作。彼女にこの作品に込めた思いを語ってもらった。

ウディ・アレンとの面接は…40秒!

ペネロペは、この作品に出演する以前からウディ・アレン作品のファンだったと明かしてくれた。
「新作が封切られたら、公開日の午後4時には観てるってくらいファンなの。スペインにいる私の友達もみんなそう。一番のお気に入りは、『地球は女で回ってる』。それから『マンハッタン』も『アニー・ホール』も『ブロードウェイと銃弾』も好き。とにかく彼の映画は全部好き。だから、彼と知り合うことができてとても嬉しいの。面接は40秒ほどだった。終わってからエージェントにそう言ったら、それは珍しく長い方だって言われたわ。通常、彼の面接はすごく短いんだって。15秒くらいのときもあるそうよ。でもね、短いからといって出演依頼がないってことではないらしいわ」。

先述の通り、スペインを代表する巨匠、ペドロ・アルモドバルの数々の作品に出演してきた彼女だが、ずばりウディ・アレンとアルモドバルの違い、もしくは似ている点は?
「2人とも、シリアスで深いことを話すけど、それが決して押しつけがましくなく、説教されているような感じがしないの。ウィットとユーモアに富んでいて、皮肉も混ざっているからよ。2人ともキャラクターが何か大変な思いをすることで笑いを生むという映画を作っている。それこそ私たちの人生だと思わない?」

ちなみに、ペネロペを介して2人は互いに連絡を取り合っているとか…。
「ウディもペドロもお互いをとても気に入っていて、私にメッセージを託すことも多いの。ペドロはこの作品の成功をとても喜んでいて、昨日も5分間、私を抱きしめた後、『ウディにもおめでとうって伝えてくれ』って頼んだの。ウディはウディで、ペドロについて私にいろいろ質問するのよ。私は2人の伝言係なんだけど、その役割をとても気に入っているわ」。

マリアがもしも、全く違うタイプの人間に囲まれて暮らしていたら…

彼女が演じたマリアは、激情的な天才肌の女性。マリアという存在から、どんなことを学んだかを尋ねてみた。
「言葉にするのは難しいわ。だって、マリア自身になって、彼女の視点で考える時間がものすごく長かったから。彼女がクレイジーだって言われるのも理解できるけど…。マリアはとても頭が良いのよ。ただ、ものの見方がとても変わっているの。もし、彼女がいまとは全然違うタイプの人たちに囲まれた生活を送っていたら、きっと精神病院に入れられてしまったことでしょうね。彼女はその点、ラッキーだった。そして、人生を謳歌しているわ」。

では、そんな彼女と自らを重ねることは?
「キャラクターを理解する過程で、自分との共通点を見つけることができる。だからと言って、女優の仕事をセラピーに使うことはできないけど…。ただ、その過程で自分の生き方の改善方法みたいなものを見つけることもある。別の人格で長時間過ごすうちに全く違うものの見方をするようになるんだもの」。

さらに、共演陣について聞いてみた。まず、スカーレットとのキスシーンが世の注目を集めているが…。
「この5か月ずっと聞かれ続けてきたから、キスシーンについて話すネタはもうないの。ジョークも使い果たしたし…。唯一、覚えているのは、それまで見たこともないくらい大勢の人が現場にいたってこと。そう、関係者以外立ち入り禁止のセットなのに、みんな何かしら理由をつけて現場に顔を出していたわ(笑)」。

「ハビエルはカラフルなパレットを持っている」

では、俳優、そして人間としてのハビエルの魅力は?
「俳優としての彼について話しましょう。なぜなら、彼は常に素晴らしい俳優だから。彼はカラフルなパレットを持っている。フアン・アントニオ役は、とても難しい役だから、もの凄く才能があって緻密な演技ができる俳優じゃないと無理。そんなキャラを、ハビエルは、とても魅力的に演じた。難しいシーンの数々も、彼は本当に素敵にこなしたわ。素晴らしい俳優よ」。

クランクアップのとき、ウディ・アレンからメガネをプレゼントされたとか。
「2つしか持ってないうちの一つをくれたの。私の宝物よ」。そう語った彼女の顔には太陽のような笑顔が浮かんでいた。

(interviewer:Izumi Hasegawa/text:cinemacafe.net)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top