瑛太、鶴瓶と過ごしたひと夏の思い出にニンマリ 「本当にずーっと一緒にいました」

最新ニュース

『ディア・ドクター』初日舞台挨拶(左から)西川美和監督、八千草薫、笑福亭鶴瓶、瑛太
  • 『ディア・ドクター』初日舞台挨拶(左から)西川美和監督、八千草薫、笑福亭鶴瓶、瑛太
  • 『ディア・ドクター』 笑福亭鶴瓶
  • 『ディア・ドクター』 瑛太
  • 鶴瓶さん、たまらず瑛太さんのトークにツッコミ
  • 撮影ロケ地ののどかな美しさに感動
  • 恩師にあふれる喜びを報告
  • ひと夏ですっかり師弟関係に?
数々の映画賞を総なめにした『ゆれる』の西川美和監督の下、とある僻村で慕われる一人の医者の“嘘”を軸に、現代日本が抱える医療問題を浮き彫りにさせる『ディア・ドクター』。本作が6月27日(土)に公開初日を迎え、西川監督はじめ、本作で映画初主演を果たした笑福亭鶴瓶、瑛太、八千草薫が舞台挨拶に登壇した。

映画に因み、客席には白衣を着た観客100人が集まった。この光景に西川監督は「すごく偉い人に迫られてる感じで緊張します」と圧倒され気味に挨拶、鶴瓶さんは「誰に着させられたんですか?」といきなりツッコミの挨拶でスタート。公開に先立ち、全国各地で映画のプロモーションを行ってきた鶴瓶さんだが、観客に向けて「まだ観てないから、憧れとかないでしょ? 瑛太とか八千草さんは見たら“ハァ〜”という感じでしょうが、僕なんかはおっさんですからね。だけど観た後は“えっ?”と思いますよ」と鑑賞後のイメージのギャップをほのめかした。映画初主演という大役について聞くと、「監督に全部任せました。台詞も6割、いや4割しか覚えていかなったんですけど、逆にそれを生かしてもらって。(主演は)めちゃめちゃ楽しかったですね。僕が主役ですし、飲みに行くのとかも自由にやらせてもらって、一か月の長い旅行に行っているようで楽しかったです」と満足した表情でふり返った。

八千草さんは「鶴瓶さんとご一緒してると台詞を全部忘れて、自然な雰囲気の中で芝居できました。ロケの現場も田んぼがずっと広がっていて、東京とは全然違うので、私たちは自分たちでだんだん住みにくい世界にしているんだと感じたのですが、その自然にみんなが溶け合って撮影できました」とふり返った。

饒舌な鶴瓶さんにすっかり茶化されていたのは、シャイで口数の少ない瑛太さん。「初日を迎えられて嬉しいです。全国の人、世界の人、たくさんの人に観ていただきたいです」と挨拶すると、鶴瓶さんからは「リハビリを重ねてここまで喋れるようになりました」とのツッコミ。そんな鶴瓶さんにすっかり弟子入りした様子の瑛太さんは「クランクインしてから本当にずーっと一緒にいて、お酒飲んだりスイカ食べたり、サウナ行ったり…。鶴瓶さんと過ごした、2008年夏でした」と嬉しそうに撮影の様子を語った。するとまた、鶴瓶さんは「メイキングを見ると、そんなに笑うんだというくらいに瑛太がめちゃくちゃ笑ってますからね」と合いの手を入れ、会場を笑いで包んだ。

そして、西川監督は「作品はひとかけらのアイディアを積み重ねていくようなものなので、こんな素敵なキャストといい雰囲気の現場で作れて、温かく初日を迎えられることは想像つかなかった」と語り、本作の完成を見ずに今年3月に急逝したプロデューサー、安田匡裕氏に向けて「大事に大事に育ててくださった方に、こうしていい初日を迎えられたことをきちんと報告できて、とても嬉しく思います」と深い感謝の言葉を贈った。

最後に、白衣を着た観客と一緒に全員笑顔で記念撮影! 『ディア・ドクター』はシネカノン有楽町1丁目ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top