ハリウッドの天才子役&ニコラス・ケイジの手紙も! タイムカプセル埋蔵式典が開催

最新ニュース

『ノウイング』タイムカプセル埋蔵記念式典イベント。(左から)リア・ディゾン、チャンドラー・カンタベリー、さくらまや、安達祐美
  • 『ノウイング』タイムカプセル埋蔵記念式典イベント。(左から)リア・ディゾン、チャンドラー・カンタベリー、さくらまや、安達祐美
今年のオスカーの作品賞にノミネートされた『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』で、ブラッド・ピット扮するベンジャミンの若返った時期を演じ注目を集めた子役、チャンドラー・カンタベリーがニコラス・ケイジと親子を演じた『ノウイング』を携えて来日した。劇中、チャンドラー演じる少年・ケイレブが数奇な運命に巻き込まれるきっかけとなるのが、50年前に埋められたタイムカプセルの存在。これに因んで、6月29日(月)に都内小学校にてタイムカプセルを埋蔵する記念イベントが開催された。

チャンドラーくんに加え、この日はゲストとして、4月に女の子を出産してからこれが初めての公の場での露出となるリア・ディゾン、チャンドラーくん同様に子役としてブレイクし、3歳の女の子の母となったいまでも変わらぬ活躍を見せる安達祐美、そしてチャンドラーくんと同じ10歳で、天才演歌歌手と絶賛されるさくらまやが出席した。

チャンドラーくんは今回が初来日となるが「コンニチハ!」と日本語で挨拶し「とても街がかっこよくて、人が優しいです」と笑顔を見せた。この映画への出演については「ニコラス・ケイジやローズ・バーンを始め、多くの人に出会えました。僕の夢は俳優を続けることなので、演技や作品に対する取り組み方などとても勉強になりました。今日着けているネックレスも、ニコラスがプレゼントしてくれたものです」と嬉しそうに語った。

久々の公の場となったリアは、チャンドラーくんの印象を尋ねられ「映画だと大人っぽいですが、会うとかわいらしいですね」とコメント。安達さんからは、子役としての“先輩”として「俳優の仕事をずっと続けてください!」との力強い激励も。

チャンドラーくんは、タイムカプセルに入れるため、「未来へ」というテーマで手紙を綴った。そして、さくらまやちゃんは小学校の全校生徒375人と共に「翼をください」を熱唱。それを録音した“音のメッセージ”がタイムカプセルに入れられた。さらに、ニコラス・ケイジからも未来へ向けた手紙が届くというサプライズもあり、小学生および国内外のスターたちの思いが込められたタイムカプセルが埋蔵された。

『ノウイング』は7月10日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top