琉球の伝統芸能満載! 『真夏の夜の夢』地元・沖縄先行上映に千人超が酔いしれる

最新ニュース

『真夏の夜の夢』沖縄先行上映。(左から)平良進、平良とみ、蔵下穂波、中江裕司監督
  • 『真夏の夜の夢』沖縄先行上映。(左から)平良進、平良とみ、蔵下穂波、中江裕司監督
『ナビィの恋』、『ホテル・ハイビスカス』など沖縄を舞台にしたドラマを紡いできた中江裕司監督が、沖縄の小島に住む人々と精霊たちを登場人物にシェイクスピアの名作を映画化した『真夏の夜の夢』。7月25日(土)の全国公開を前に、世界遺産として知られる沖縄の中城城跡にて先行上映会が行われた。

中江監督が構成・総合演出を手がけ、平良とみ、平良進らキャスト陣も参加。沖縄ならではの歌や踊りの散りばめられたイベントに、当初の予定500名を大幅に超える1,000名以上の観客が押し寄せ、映画『ニュー・シネマ・パラダイス』の一幕を思わせるような大きな盛り上がりを見せた。

まずは勇壮な獅子舞が披露され、続いて“沖縄で最も有名な夫婦”平良とみ&進夫妻が登場し、劇中に登場する精霊(キジムン)を呼び寄せる祈りを捧げた。さらに、民謡歌手の神村るみ子さんのライヴ、そして中江監督の脚本、平良夫妻演出による芝居「オホホとカニメガの恋」が桜坂市民大学劇団により上演された。ちなみにこちらの芝居は、『真夏の夜の夢』の劇中に登場する物語のさらに以前の出来事を描いたもの。そして、いよいよ映画本編が上映され、笑いあり、感動ありの物語を観客は一体になって楽しんでいた。

映画上映後も歌手の藤澤ノリマサさんがエンディングテーマ「愛の奇跡」を熱唱するなど興奮冷めやらぬ中城城跡。平良さんらキャスト陣・監督が舞台挨拶に登場すると会場は大きな拍手で迎えた。平良進さんは「昔はキジムンと人間が共存していた。そういう世の中になれば穏やかな世の中になる」と語り、中江監督は「あらゆる沖縄の人たちに助けられ、この映画を作ることができました。ありがとうございます」と感謝を口にした。

これで大団円かと思われたそのとき「俺様を忘れるな!」とキジムンのマジルー(蔵下穂波)がなんと城壁の上に出現! 「弥勒節」を独唱し、さらに続けて会場が一体となって合唱。「俺様はいつでもどこでも、みんなの最高の幸せをお願いしている。俺様のことを忘れないで。また、映画館で会おう!」と城壁から消えた。その瞬間、会場を埋め尽くした人々から再び拍手と大歓声がわき上がった。

『真夏の夜の夢』は7月25日(土)よりシネカノン有楽町2丁目、シネマート新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top