玉木宏、音楽の都・ウィーンで堂々の指揮! “のだめ”上野樹里もパワー全開

最新ニュース

映画版『のだめカンタービレ』順調撮影中! 玉木宏&上野樹里
  • 映画版『のだめカンタービレ』順調撮影中! 玉木宏&上野樹里
21巻で2,900万部を売り上げた人気漫画を原作に2006年秋に連続ドラマ化され、その後、2008年正月にスペシャルドラマも放映され、若者層における空前のクラシック・ブームの原動力となった「のだめカンタービレ」。その映画版にして前後編の2部構成で製作される『のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編』の撮影がついに始動した! 

本編の撮影はフランス、チェコ、スロバキア、オーストリアのヨーロッパ4か国と日本で敢行される。先日、オーストリアのウィーンにて製作報告が行われ、主演の上野樹里、玉木宏、武内英樹監督が出席。玉木さんは権威ある楽友協会・大ホールにて「ベートーベン交響曲第7番」の指揮を行う姿をマスコミに披露した。

主人公の“のだめ”こと野田恵役の上野さんは「遠いところをお越しくださってありがとうございますぅ」と、のだめ口調で挨拶し報道陣の笑いを誘った。さらに「ウィーンは多くの著名な音楽家たちが過ごしたクラシックの本場で、街にいるとすごく気持ちが集中できます。本当に素敵な場所で撮影をさせていただいていますし、あとは私たちがクラシックの良さを映画の中で伝えていけたらなって思います。これで最後になるので、悔いのないように、映画館でお客さんに楽しんでもらえるよう精一杯がんばっていきます」と意気込みを語った。

人気キャラクター・千秋真一を演じる玉木さんは「撮影が始まった直後にクライマックスのシーンを撮影するというのは結構ヘビーだなと思いましたが、自分の力を出し切れて、本当にいいものが撮れました」と充実した表情で語った。そして「このシーンをゴールとして計算し、ラストに行き着くまでの芝居を自分なりに組み立てていければと思います。ベートーヴェンやモーツァルトなど偉大な作曲家たちに縁のある街・ウィーン、まして200年近く歴史がある楽友協会で指揮棒が振れるということは、役者として二度と立つことができない場所であり、貴重な経験だと思います。長丁場ですが、全ての力を出し切って、最終楽章を終えたいです」と、これからの撮影を見据えて力強く語った。

武内監督も「もうすでにラストシーンを撮ってしまったんですけれども、自分で想定していた以上の素晴らしい演奏シーンが撮れました。ラストのハードルが上がることで、モチベーションも上がっています。ウィーンでの撮影も順調に素晴らしいカットが撮れています。非常にワクワクしてノッた状態です!」と興奮気味に語った。

上野さん、玉木さんに加え、瑛太、水川あさみ、小出恵介、竹中直人などおなじみのキャストが総出演するほか、谷原章介、なだぎ武といった新キャストも登場する本作。のだめ、そして千秋の音楽における成長はもちろん、2人の恋のゆくえも楽しみなところだが…。

今回の映画化に際し、原作者の二ノ宮知子さんからは「『のだめカンタービレ』が映画にまでなるなんて、最高に幸せです! 原作も、映画と共にクライマックスに突入で、いろいろな意味でドキドキしています。映画版ではあの迫力ある演奏シーンが、劇場の大スクリーンと素晴らしい音響で聴けるのがいまから楽しみで仕方ありません。撮影はきっと、考えられないくらい困難なことでいっぱいかもしれませんが、スタッフのみなさん、キャストのみなさん、お体に気を付けて、がんばってください! そして、樹里ちゃん、玉木くん、またのだめと千秋に帰ってきてくれて嬉しいです。初めて2人ののだめと千秋を見たときの感動と、ドラマの放送中、ずっと夢の中にいるみたいに楽しませてくれた思い出と…そして、それもこれで最後かと思うと、もうそれだけで涙が出てきます。ファンの人たちもきっと同じ思いで映画館に足を運んでくれるのだろうと思います。まだまだ続く過酷な撮影、どうか体を壊さないよう、がんばってください」と熱い熱い激励のメッセージが寄せられた。

『のだめカンタービレ 最終楽章』は前編が12月19日(土)より、後編が2010年春、全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top