アラサー岡田准一の妄想の夫婦像とは?麻生久美子は既に夫婦間で“お父さんお母さん”

最新ニュース

『おと・な・り』 麻生久美子
  • 『おと・な・り』 麻生久美子
  • 『おと・な・り』 麻生久美子
岡田准一×麻生久美子主演、30代の岐路に立つ男女の恋愛と成長を描いた『おと・な・り』。5月に公開されて以来、好調な成績を収めている本作だが、このヒットを記念して、7月7日(火)の七夕の夜、映画に因んで、岡田さんと麻生さんが観客の持ちかけた相談にアドバイスを贈る「アラサー相談室」と題した特別イベントが催された。

七夕のイベントということもあり、相談者の中にはこの日が結婚記念日という人もおり、女性を中心にしたアットホームな雰囲気の中でトークがスタート。早速「結婚して子供ができてから夫婦間での呼び方が“お父さん”、“お母さん”と呼び合うようになってしまったのですが、2人は夫婦間でどんな風に呼び合いたいですか?」という質問が。既婚者の麻生さんは「そうなっちゃいますよね、私は犬を飼っているのですが“お父さん”“お母さん”という呼び方になってますからね(笑)」と仲睦まじい夫婦の様子をのぞかせた。一方、未婚の岡田さんは、「『あ・な・た』って呼ばれたい」と会場の笑いを誘い、「たまに昔の呼び方で呼んでみたらいいと思いますよ」とアドバイスを贈った。

続いて子供を授かったばかりの相談者からは、子供が産まれたら、家庭と仕事のバランスはどのようにとるか? という質問。麻生さんは「私はわりと子育てしたいですけど、仕事もあったら仕事もしたいしなあ、産まれてないのでわからないのですが、周りの協力があれば仕事も続けられると思います」と前向きな姿勢を見せた。これに対し、仕事も家庭も大事にしたいという岡田さんは「仕事も子育てもやりがいを持てるといいですね、頑張って下さい!」と力強いエールを送った。

この日、観客の中には、既に本作を24回も観たという熱心なファンもおり、会場が一体となって和やかな雰囲気が醸し出されていた。最後に、岡田さんが「ちゃんと相談を受けられたかすごく不安ですけど、映画の方も真面目にやってます。感情とかをすごく細かく拾っていて、感じてもらえることが多い映画になっていると思いますので、愛してもらえる映画に育ってくれたら嬉しいです」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。

『おと・な・り』は恵比寿ガーデンシネマほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top