『幸せはシャンソニア劇場から』監督来日 映画の中で描かれたパリは実は…

最新ニュース

『幸せはシャンソニア劇場から』クリストフ・バラティエ監督ティーチイン
  • 『幸せはシャンソニア劇場から』クリストフ・バラティエ監督ティーチイン
1936年、世界恐慌下のパリを舞台に、不況のあおりで閉館の危機にあるシャンソニア劇場に集う人々のドラマを描いた『幸せはシャンソニア劇場から』。9月の公開を前に、監督のクリストフ・バラティエが来日を果たした。7月7日(火)、日仏学院(東京・飯田橋)にて本作の試写会が開催され、上映後には監督が観客からの質問に答えた。

日本でもヒットを記録した『コーラス』以来、4年ぶりの来日となるバラティエ監督は、まず「少し前にブラジル、そしてアフリカにもこの作品を携えて行ってきました。自分が作った作品をこうしてみなさんと分かち合うことができるのは本当に嬉しいです」と笑顔で挨拶した。

続いて質疑応答がスタート。シャンソニア劇場存続の鍵を握る歌姫・ドゥースの存在、彼女の持つ曖昧さについて、監督の中での位置づけは? という質問に「人生と同じことですよ。人生は曖昧さや矛盾した感情を抱えているものです。彼女は不道徳な関係を持っている一方で、非常に勇気があり、劇場を思うあまりに悪魔に手を差し出してしまうわけです」と説明した。そのドゥースを演じたノラ・アルネゼデールについては「彼女はフランスでも無名の存在であり、起用することはひとつの賭けでした」と明かす。「映画の中でドゥースがスターになるのと並行して、ノラも同じ道を歩んでいきました。いまや、彼女の元にはアメリカからもオファーが届くようになり、監督として嬉しい限りです」と笑顔を見せた。

されに、物語の舞台はパリだが、パリのどの地区で撮影が行われたのか? という質問に、監督はしてやったりの表情を浮かべた。「罠にハマりましたね(笑)。実は、映画の中に出てくるパリは、全てスタジオのセットか、チェコのプラハで撮られたものです。安いから? ノン! 映画の中に出てくるようなパリの街は、もはや存在しないからです。編集の段階で、(映像の中の)空いている部分にエッフェル塔を付け足したりしたので(笑)、実際にパリに暮らす人も映画を観て『あれ、おかしいな。ここにエッフェル塔があって…』などと言っていました。現実を元に詩的な要素や自らの主張を織り込んでいったのです。ちなみに、俳優は本物の人間です」とユーモアたっぷりに秘密を明かしてくれた。

最後に監督は「30年代の姿や労働問題もありますが、最終的に描かれているのは友情です。この映画の4年後には大戦が始まるわけで、この時代に暮らしたいなどとは思いませんが、この時代の仲間意識、連帯感を懐かしく思う気持ちはあります。いまの時代、成功とは“個人”のものですが、当時は成功とは仲間と共に分かち合うものであり、それも悪くないな、と思います」と映画に込めた思いを熱く語りかけた。

『幸せはシャンソニア劇場から』は9月、シネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top