ベッキー&日村がめでたくゴールイン? ノリノリ結婚会見風ステージで息ぴったり

最新ニュース

『モンスターVSエイリアン』初日舞台挨拶にて バナナマン日村勇紀(左)&ベッキー(右)
  • 『モンスターVSエイリアン』初日舞台挨拶にて バナナマン日村勇紀(左)&ベッキー(右)
  • 3Dメガネをかけた子供たちと一緒に記念撮影!
全世界で興行収入3億7,000万ドルという驚異的なヒットを記録している、ドリームワークス初の本格3Dアニメーション『モンスターVSエイリアン』。7月11日(土)、遂に日本で史上最大規模の3D上映となる135館で公開を迎えた。当日は、日本語吹き替え版でヒロイン・スーザンの声を務めたベッキーと、青色モンスター・ボブの声を演じたバナナマンの日村勇紀が上映後の舞台挨拶に登壇し、3Dの魅力を大いにアピールした。

ベッキーは、劇中に主人公・スーザンが結婚式当日に巨大化してしまうことに因んで、自身がデザインしたウェディングドレス姿で登場。3Dメガネをかけた子供たちを従えて登場した日村さんは、この姿に「キレイだしカワイイ! まさかウェディングドレス姿のベッキーの横に立てるなんて思わなかった」と照れ笑いを見せた。ベッキーもノリノリで結婚会見風に“指輪披露ポーズ”を気取り、会場を盛り上げた。

公開初日を迎え、「とにかくたくさんの方に観ていただきたかったのですごく嬉しいです! みなさん迫力すごかったでしょ?」と投げかけると、盛大な拍手が沸き起こった。自身が初めて3Dの迫力に触れた感想を「3D、3Dとは聞いてましたが、ここまで“3D”とは思っていなかったのでビックリしました! 例えばボールとかも避けたくなるような迫力で、こんな作品に私が関われたことが嬉しいです。自慢できるお仕事ができました!」と笑顔で語るベッキーさん。「『モンエリ』は映画というより、もはや“アトラクション”となっております!」と力強くアピールした。

日村さんも「吹き替えの声を録音しているときは2Dの映像だったので、完成してから3Dを観て、とにかく“ビックリ”で、いままで3Dをこんなに長く楽しめることはなかったので、とにかく“楽しかった!”というのが最初の印象でした。みなさんも、もしそう感じてくれたらすごく嬉しいです!」と3Dの感動を伝えた。そして、「家族のみなさんはもちろん、友達、恋人と一緒に観る人によって見え方、楽しみ方も変わると思いますので、ぜひ2回、3回と劇場に足を運んでください!」と元気よく観客に呼びかけた。

『モンスターVSエイリアン』は新宿ピカデリーほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top