トニー・レオン、新作準備のトレーニング中に左腕を骨折!

最新ニュース

4月19日、妻のカリーナ・ラウと共に香港電影金像奨に出席したトニー・レオン -(C) AFLO
  • 4月19日、妻のカリーナ・ラウと共に香港電影金像奨に出席したトニー・レオン -(C) AFLO
トニー・レオンが晩夏より撮影開始予定の新作『一代宗師』(原題)に向けてトレーニング中、左前腕を骨折するアクシデントに遭ったことがわかった。

事故が起きたのは13日。トニーがカンヌ映画祭最優秀男優賞に輝いた『花様年華』をはじめ、ほとんどの作品に彼を起用しているウォン・カーウァイ監督の最新作でもある『一代宗師』はブルース・リーの師であり、詠春拳の大家である葉問(イップ・マン)の物語。

トニーは兼ねてより詠春拳の訓練をしていたが、この日は5人のトレーナーを相手に練習中、1人がトニーに蹴りを入れ、左腕で防御した際に当たりどころが悪かったようだ。病院に運ばれ、検査の結果、骨折が判明した。数週間の安静を要するが、トニーのパブリシストは「蹴りの練習ならば、その間も出来ます」とアソシエイト・プレスの取材に応えている。

撮影は9月開始を予定していたが、トニーの回復の様子を見て、少し遅れる可能性もあるという。



4月19日、妻のカリーナ・ラウと一緒に香港電影金像奨に出席した際のトニー。

© AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top