ジョニー・デップの強烈“帽子屋”初公開! 映画版「不思議の国のアリス」で鍵握る

最新ニュース

『アリス・イン・ワンダーランド』 -(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  • 『アリス・イン・ワンダーランド』 -(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  • 『アリス・イン・ワンダーランド』 -(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
1865年に出版され、およそ1世紀半にもわたり世界中の読者を魅了してきた、ルイス・キャロルの傑作ファンタジー小説「不思議な国のアリス」。奇妙なキャラクターたちが暮らすファンタジー・ワールドに迷い込んでしまった、永遠のヒロイン・アリスの“新たなる冒険”を、鬼才ティム・バートンとジョニー・デップの黄金コンビが実写化にこぎつけた。このたび、来年の公開に先駆けて、この『アリス・イン・ワンダーランド』の注目のビジュアルが解禁になった!

続編「鏡の国のアリス」と併せて、その鮮烈なイマジネーションでその後のあらゆるカルチャーに影響を与え、クリエイターたちを刺激し続けてきた原作だが、独特のビターでスパイスの効いたファンタジー・ワールドを生み出し続けるバートン監督もまた、このファンタジーに影響を受けた一人。本作は長年にわたり彼が映画化を切望し、ついに実現した渾身の企画。今回バートン監督は、実写映像とモーション・キャプチャーを融合させ、魅惑的な映像世界を作り出す。

そのほとんどが原作の有名キャラクターを踏襲しているという本作の登場人物たち。中でも注目を集めるのが、『シザー・ハンズ』、『チャーリーとチョコレート工場』などに続きバートン監督と7度目のタッグとなるジョニーが演じる“帽子屋”だ。原作でも強烈な印象を放ちつつもワンポイント・リリーフ的な存在だったが、映画ではストーリーの鍵を握る重要な存在となる。

また、少女・アリスを演じるのは、オーストリアの新進女優のミア・ワシコウスカ。ほかにも独裁者である“赤の女王役”に、バートン監督のパートナーでもあるヘレナ・ボナム=カーター、その妹で慈悲深い“白の女王役”にアン・ハサウェイなど豪華女優陣の競演も見どころとなっている。果たして、ティム・バートン版「アリス」ではどんな世界が展開されるのか? ファンならずとも期待が高まる。

『アリス・イン・ワンダーランド』は、2010年3月5日より全米公開されたのち、4月17日(土)より日本公開。ディズニー デジタル3D版も同時公開される。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top