沢村一樹、撮影中はエロ男爵封印も下心は消えず! AKIRAは頭を焦がしながら奮闘

最新ニュース

『山形スクリーム』完成会見。みんなで絶叫ポーズ!
  • 『山形スクリーム』完成会見。みんなで絶叫ポーズ!
  • 主演、しかも二役に挑戦!
  • 撮影中は集中も、裏では…
  • このメンバー以外にも豪華俳優陣が出演!
  • 監督が一番はしゃいでました…
  • 山形ロケ最終日に誕生日を迎え、みんなに祝ってもらったそう
  • かなりそっくりな竹中監督のモノマネ&流暢な山形弁を披露
  • 「ちんすこう!」の絶叫は見どころ
落武者伝説の残る山形を舞台にした奇想天外なホラー・コメディ『山形スクリーム』。本作がついに完成し、7月23日(木)に記者会見が開かれ、竹中直人監督を始め主演の成海璃子、沢村一樹、AKIRA(EXILE)、マイコが出席した。竹中監督は、豪華キャスト陣を従えてハイテンション! AKIRAさんらも山形弁を交えながら質問に答えるなど、笑いの絶えない会見となった。

「完璧に理想のキャスティングです。今日、こうしてズラッと並んでいること自体、信じられない気分なのじゃ〜(笑)」と竹中監督が満足そうに語るキャストの面々。その中で、主人公の岡垣内美香代(おかがいとみかよ)と光笛の二役をこなした成海さんは「撮影中は、どんな映像になるのか全く想像ができませんでした。完成した作品を初めて観たとき、愛のある作品だなと感じて嬉しかったです」と語った。

マイコさんは花婿大募集中の教師・勝海子を演じ、これまでにない凄まじいビジュアルに変身を遂げている。メイクに1時間を要したそうだが「自分の顔を見て哀しくなりました。周りのみんなはかわいいのに…」とポツリ。また劇中、驚愕したときになぜか「ちんすこう!」と叫ぶなど、ありえないセリフも多々あったそう。監督は「直感的に『ちんすこう』だな、と」とその意図(?)を明かしたが、マイコさんは「偶然にも、ちんすこう大好きなので『いい言葉だな』と思いました」と笑顔で語った。

美香代たちが訪れる御釈ヶ部村の理髪師、与藻須賀三太郎(よもすがさんたろう)に扮したAKIRAさんは撮影中のこんな危険なエピソードを教えてくれた。「撮影中にライトが熱くなって頭が焼けました。落武者と向き合うシーンで、落武者役の竹中さんが『お前、頭から煙出てるぞ!』って(笑)」と竹中監督の完璧なモノマネ付きで語り、会場は笑いに包まれた。AKIRAさんはこの役が相当気に入ったようで、撮影で使用した衣裳まで持ち帰ったとか。「三太郎と別れるのが寂しくて、ときどき着て、ときどき惨めな気持ちになってます」と自虐気味に語った。

そして、平家の落武者・葛貫忠経(つづらぬきただつね)役の沢村さんは「“エロ男爵”キャラを封印して、集中して臨みました」と力強く語った。が…共演者とのエピソードを尋ねると「実は下心があって、マイコさんを食事に誘ったんですが、『上手に水をかぶれないんです…』って何度も繰り返し言って、落ち込んでましたね。上手に水をかぶれなくて落ち込む現場ってどういう現場なんでしょうか(笑)?」とすっかりエロ男爵キャラを復活させて明かした。AKIRAさんとは撮影中はほとんど話す機会がなかったと言うが、その後、EXILEのライヴを訪れたそうで「AKIRAの腹筋は卵が6つ入るんじゃないかってくらい割れてました」とコメント。これにAKIRAさんは「控え室に来て、第一声が『AKIRA、腹筋すごいね!』でした。ライヴの感想とかではなく…」と苦笑交じりに語った。

竹中監督は山形弁で山形の素晴らしさをアピール。夏の撮影ということで、蛙やセミの鳴き声に対する懸念が当初はあったというが、監督曰く「撮影中はカエルやセミも協力的で静かでした。撮影後に挨拶に行ったら、田んぼからすごく大きなカエルが出てきて、僕が『ありがとう』と言ったら『うん』って。『おまえいま、うんって言ったのか?』って聞いたら、首だけこちらに向けようとするんだけど、カエルには首がないから…」とその場で数分にわたって、カエルとセミとの不思議なやり取りについて説明。これには報道陣のみならず、キャスト陣も爆笑していた。

一体どんな作品に仕上がっているのか? 『山形スクリーム』は8月1日(土)よりシネリーブル池袋ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top