ハリーのライバル、ドラコ・マルフォイ役のトム・フェルトンが初来日&ダルマに目入れ

最新ニュース

初来日を果たしたドラコ・マルフォイ役のトム・フェルトン
  • 初来日を果たしたドラコ・マルフォイ役のトム・フェルトン
  • ダルマの目入れに初挑戦! -(C) 2009 Warner Bros. Ent.Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and (C) Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.
  • 女性ファンの黄色い声援を浴びてニッコリ -(C) 2009 Warner Bros. Ent.Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and (C) Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 最終章で果たしてドラコは… -(C) 2009 Warner Bros. Ent.Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and (C) Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
7月13日(水)の公開以来、7月だけで41億円もの興行収入を叩き出した『ハリー・ポッターと謎のプリンス』。主人公のハリーのホグワーツ魔法魔術学校におけるライバルであり、この第6作で重要な役割を果たすドラコ・マルフォイを演じるトム・フェルトンが初来日を果たし、8月1日(土)に都内劇場で舞台挨拶を行った。

この日のチケットは即完売、トムが舞台に上がると満員の客席からは拍手と歓声が。「コンニチハ!」と覚えたての日本語でファンに挨拶したトムは、続けて「今日は映画に観に来てくれて本当にありがとう。僕はドラコ・マルフォイ役のトムです。日本のファンのみんなに会えて光栄です」と語りかけた。

この大人気シリーズへの出演について「僕がシリーズに参加して8年が経ちました。みなさんのおかげで、これだけ長く続けてこられました。お礼を言いたいです」と語り「アリガトウ」と日本語でファンに感謝の気持ちを伝えた。

特にこの第6作では、闇の帝王・ヴォルデモートからある使命を受け、ドラコはキーマンとして暗躍するが「徐々に成長しながら、この人物を長い間にわたって演じてきました。これまでの5作では(ドラコを)嫌っていた人も、今回は最後に同情してくれると嬉しいです」と呼びかけた。

残すは最終章(※前後編の2部構成)のみとなったが「撮影は現在半分くらい終了しています。話はもっと面白くなると思う。これまでのシリーズで最高のものになるはずなので、みなさん楽しみにしてください」と締めくくった。

この後、トムは大ヒットを記念して、壇上に用意されたダルマに墨で目を入れた。「緊張する…」と言いながらも、見事に目を入れたトムに客席からは大きな拍手が贈られ、トムは「アリガトウ」と手を振りつつ会場を後にした。

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』は丸の内ピカデリーほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top